2011年5月アーカイブ

カテゴリー:

5月21日土曜日

今日は朝から福岡から大阪への移動日。ここ数日の気持ちよい晴天は今日も続く。最近晴天の日も黄砂であまり爽快な気分にはなれなかったが、今日は黄砂も目立たず高速を取り囲む山並みも気持ちよい新緑を見せてくれている。

人間はやはり地球上の一動物だと痛感する。それはお天気が良いときは気分も良く、思考も何故か前向きになりやすい。雨天時は逆に気分も重く、思考も後ろ向きになりがちです。人間ももともとはサルの一種だった歴史が、こんなところに遺伝子に残されているのだろうか?

そんなことを考えていると、お天気だけではなく、気分も思考も時間により影響されがちです。即ち空の様子により大きく左右されている。明るさを増してくる朝は何故か気分も爽快で志向も前向きになりやすい。一方対照的な夕方は特に何か明確な原因が無くても寂しい気分が過ぎってくる。夜はなおさらロマンチックな気分に陥りやすい。

こうして考えてくると、人はやはり自然の営みと共に生きており、自然の変化や自然の力に逆らえない。大震災も人間の力では今のところ事前に回避したり、退避することはっ限りなく不可能に近い。だとすると日々気分が浮いたり沈んだりしながらも何十年も生きている人間。自然災害も人間である限り必ず乗り越えて生命を繋ぎ続けていくだろう。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月20日金曜日

昨日から福岡に滞在。先日、誤解を招くブログの一こまがあった。決して東京を馬鹿にしているのではない。大阪人の東京人に対する嫉妬でもない。九州に居て確かに感じたことがある。それは私の東京は日本の首都であるが、日本の中心でありスタンダードであっていいのだろうか?という疑問が今こそ皆で考えるときが来ていると思えることです。

先日の階段上の天井照明の節電も、老人にとって過酷なエスカレータの運転停止も、皆現場で仕事する私達には、現場が見えていない机上の理論で仕事をした結果と思うしかないことを訴えたかっただけです。大阪や九州のコンビニエンスで店内の天井照明を半分消して、お客様から失笑を買っているのもその一つです。現場は東京の本社が命令すれば理不尽でも実行せざるを得ないのです。

東京の本社で仕事する人々はエリートの人ばかりということは、十分解っているつもりです。まして本社勤務の人々は、仕事が出来る、頭が非常に良いのは私にも十分解ります。でも、東京の環境や感覚や価値観が日本の標準と考えてよいのでしょうか?

いま大切なのは現場の実態を正確に把握し、見下すことなく全国の各地域を素直に且つ正確にポジショニングしたり、マーケティングしたりすることではないでしょうか?東京の本社など中心的ポジションで仕事している人に問いかけたいのです。現場を見た仕事をしてみませんかと。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月19日木曜日

今日は午前中大阪で少々仕事して、九州へ移動。昨日は特別に重要な特別な仕事なので新幹線で移動したが、今日はいつもどおり車で九州へ移動。それにしてもいい天気だ。車を走らせていても気分が爽快になる。っと同時に私自身、前に感じたのと同じ、景色にのどかしさを久しぶりに実感。

原子力はあの事故以来誰もが恐怖と不安を抱いた。しかし、昨日の東京のように節電節電で世の中が暗くなっている。そんな中、こののどかな景色を横目に観ながら西に向かう私は、本当に今原子力発電を全面否定して、明日の私達の生活がどうなるのか?

少なくとも電気は従来どおり十分供給されなくなるのは必定。仕方ないから・・・、原子力は怖いから・・・っと電気の使用量が激減することを、皆は本当に実感しているの?何十年もの先の未来は私には判りませんし、想像も出来ません。しかし、これでの僅かな過去は知ってます。それは電気の充実と私達の生活の発展は二人三脚でした。

今の日本は何だか何もかも上辺に走っていませんか?それは自分自身の生活も最後は誰かが何とかしてくれるという妄想の上に成り立っていませんか?私の不安が取り越し苦労であればこれほどありがたいことは無いのですが、あまりに皆現実の自分の生活を見誤っていませんか?

| コメント(0)

カテゴリー:

5月18日水曜日

今日は久しぶりの日帰り東京出張!まず早朝の新幹線は眠たい!!そして、品川に到着して一番に感じたのは、いつもの人、人、人の人が何処からでも湧いてくる東京という印象。そこから有楽町までJRで移動して地下鉄に乗り換え。

JR山手線まではさほど感じなかったが、地下鉄に乗るため地下道を歩き千代田線に。相変わらず有楽町から地下鉄の日比谷駅まで地下道歩行は遠い!!ああ、しんど!っと同時に何だか気分が一気に暗くなった。その理由は地下道が暗い!節電の影響らしい。

東京は大阪よりどの都市より広いので、乗換えなどの歩行移動の距離が長くても誰も文句を言わない。大阪なら恐らく市民の不評を買うだろう。東京は大きい(広い)から移動の距離単位も自然に長くなるらしい・・・!!?

今日一つ危険を感じると共におじいの強い不満を一つ抱えた!それは赤坂サカスで明確に自覚できた!階段や危険な箇所或いは老人にとって上り下りのエスカレータの節電。危険な階段スペースなどの消灯、上り下りのきつい箇所で止まったエスカレータ・・・。このままでは東京に人は集まらん。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月15日日曜日

今日は昨日に引き続き、心地よいお天気の一日だった。一昨年まで個人所有のオープンカーで中部、近畿、中国、四国、九州各地の道の駅を土日公用が無いときに制覇すべく走り回っていた。そのころを思い出すと、この時期が走っていて一番気持ちの良いシーズンだったことを思い出す。

こんなにいいシーズンにも拘らず、昼まっからテレビ観ながらパソコンする。その観る番組は私の大好きな二時間サスペンスドラマ。そしてここ数年観ることが増えたのが時代劇ドラマ。勿論最近は時代劇が下火なので、再放送再々放送ばかりですが・・・。

もう一つ、日曜日といえば最近は夕方から笑点もほぼ毎週観ます。そんな自分を考えると私も歳取ったなぁ~っとつくづく思います。今私が好んでみる番組は大昔黄昏ながら父が生前好んで見ていた番組と合致します。人間は年とともに好みも同じようになるのだなぁ~っと・・・。

何時だったか?ある若い女性から、「私の父とダブって見えるので、凄く親しみ感じています・・・」と言われ、非常にショックを受け、それ以来生き方も楽しみも大きく変えた。人は年とともに好みが確実に変わってしまう。そして生き方も本人の意思に関係なく、大きく変わって当たり前なのですね。寂しいような、嬉しいような。そして人はそれぞれの歳にならないと、分かってもらえないことも多いのですね・・・。悲しいような、残念なような・・・。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月14日土曜日

今日は朝から洗車づくし。一台は個人の車。後二台は仕事の車。基本的に年間6万kmほど走る私の場合、常に3台程度の車を順にローテーションのように使いまわす必要があります。車は環境に悪いから出来るだけ使わないほうが良いのでは?などとアドバイスくださる方も少なくないのですが、私の場合事情があって使わざるを得ないのが実態なのです。

車を使う事情のお話はまた後日として。ここ二ヶ月ほど洗車をする度黄砂の多さに不安さえ感じます。皆さんもご存知と思いますが、車上に積もっている黄砂を良く観ると、まるで龍角散のように非常に微細な粒子です。これを平気で吸い込んでいるのかと考えると、肺は大丈夫?・・・。

もう一つ、昨今福島原発から吐き出された放射能の汚染の話が頻繁にマスコミに登場します。何十km範囲内とか何とか、挙句東京にも放射能が届いているとか・・・。でも黄砂のように放射能より大きい粒子のものが、数千kmの距離を飛来していると考えると、もしかして福島原発の放射能は日本の国を覆っていると考えても不思議ではないような・・・?

総理として或いは政府として肝心なことが何も出来ず、ただ国民の邪魔をしているだけなら、ミスターEのように大丈夫と国民に言っていながら、陰で家族を海外に非難させているような卑怯なことをする前に、現与党皆で防護服を着て福島原発で現場作業してもらった方がいいような、悪いような?結局被曝しようがしよまいが、日本人は今回の事故による放射能から逃れられない事態がありえるなら、せめて今までどおり、元気に各自が思う幸せを追い続けようよ!!山よりでっかい獅子は出ん!大丈夫!大丈夫!

| コメント(0)

カテゴリー:

5月13日金曜日

13日の金曜日。っと言えば何か悪いことがあるかも・・・などなど不吉な予感のする日とよく言われます。これは単に映画でジェイソンという悪玉が、13日金曜日に出没するという比較的新しい神話。それはさて置き、今日以前から気になって仕方なかった名古屋の一等地にリッチするトップクラス商業複合ビルに仕事で訪れました。

さすが名古屋の栄という一等地に立地する、しかもトップクラスの商業ビルだけに、テナントの顔ぶれも、各々の店づくりもハイレベルで揃っていました。もう何年もそして全国各地の大都会で、一等地のトップクラスの商業施設は目にしてきた私ですが、今日ふと気づいたことがあります。

それはこのビルを巡って何故だか気づいたことが、「お店のカタチ。商売のカタチ。販売のカタチ」が明確に実践されているということです。カタチというとついつい上辺面、表面的なものというイメージを持つ人も多いと思いますが、私のいうカタチとはあるべき姿、やるべき行動の有様を指しています。

もっと掘り下げると、私のいうカタチとは基本であり、あることや場所に関係する人々が、当然持っておくべきその関係分野の基礎知識とスキルです。これを聖書のような形態にしたものが俗にいう「マニュアル」ということになります。そして商業の現場で今こそ大切なのが、この「商売のカタチやお店のカタチであり、販売やサービスのカタチ」をしっかり皆が持つことであり、その上でこれらのやるべきことや、各自が思うお客様にやってあげたいことをしっかり実践することです。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月12日木曜日

今日は午後某SCの研修講師の仕事でした。今回の研修は非常に珍しく、一日一回だけの開催で、しかも出席者は11名のみ。まぁ基本的には私の講義が面白くないか役に立たないと、このSCのテナントさんたちは評価しているのでしょう・・・。

しかしそれにしてもこの厳しい環境の時期に、店舗管理者、即ちサブリーダー以上対象の研修に対して、そのSCの全テナントのうち2割程度しか集まらないのは如何なものでしょう?私の講義に対する評価はここではひとまず棚上げして考えてみたところ、まず第一にデベロッパーとテナントとの関係が見え隠れします。次にそのSCの現在の業績状態も反映されているようにも見えます。

いずれにしても、研修出席率はそのSCとそのSCのデベロッパー、及びテナント群の実態と、現在の業績状況、及び将来の業績推移を如実に表すようで怖くも感じます。このような低い研修出席率が続いているSCや、低い出席率に危機感の低いSCが、私の知る限りでも数箇所存在します。

研修の主催者であるデベロッパー様は、実施した研修の成果や効果を大変気にされます。勿論研修の成果は、講義をする側の能力と講義内容によるところが大きいのは間違いありません。しかし同時に主催者の研修に対するメンバー集めの強いリーダーシップや、受講者であるテナント側の積極姿勢も大変重要であり、これが出席率という形で現れ、それが将来の成果へと繋がっていると考えます。積極姿勢は大きなリターンを必ず呼ぶ!!

| コメント(0)

カテゴリー:

5月11日 水曜日

月曜から九州入りしていた。北九州の親友と夕食で鉄鍋食べた。久しぶりだった。加えて親友の彼が連れて行ってくれたそのお店は、何年か前に連れて行ってくれたお店とは違っていた。その後食事しながら聞くと、最初に連れて行ってくれた店は移転して、今回のお店ともう一つのお店に変わったという。

商業は物販も飲食も食品物販も、まるで生き物です。10年経つと大きく様変わりします。この小倉も私が10年余り前に仕事で生まれて初めて来た頃に比べると正に大きく様変わりしてしまいました。製鉄会社も大型商業施設も・・・

ところで、私は小倉で夜の食事をするのが一つの大きな癒し時間です。何故なら小倉は大阪に近い匂いがするのです。例えば、タクシーの運転手が大阪弁でも決して違和感を感じない接客をしてくれます。福岡はよそ者扱いがあからさまです。

知っていましたか?小倉のタクシーはボディーが黒色が主流で、福岡は黄色や橙色でチェック柄のまるでピエロのような柄が主流。これって大阪のタクシーが黒が主流で、東京はあのピエロの衣装のようなカラーのタクシー。博多と小倉で東京と大阪志向の明確な違いがあることを。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月8日日曜日

昨日に続き今日も文字通り晴天!むしろ一気に夏到来と思えるほどのお天気。朝のウォーキングでこんな陽ざしが続くと、たった2,3日でほんのり顔が日焼けを始めてくる。UVカットなど本当は紫外線が皮膚には決して良くない事は十二分に知っています。でも僕は日焼けが心地よい。

タバコを止めて6年。あまり自慢できる年月ではないと思うが、自分としてはそれまで何度もタバコを止めることに簡単に失敗を続けていただけに、6年間しっかりタバコを止めれたことはちょっと自慢。しかし、皮膚に悪いと分かっていても、日焼けだけは積極的に日焼けしようとする。

タバコもお酒も日焼けも、運動不足も、過食も、体に悪いといわれることは今日の日本人は多くの人が、多くのことを知っている。でもタバコが止めれない人は決して少なくない。お酒も過食も体に悪いと分かっていても摂生どころか、むしろ積極的に求め続けるケースも多い。

事故などで自分の意思の有無に係わらず家族や周りの人に迷惑を掛けたり、お世話になったりすることになることは誰にも十分ありえる。でも極力家族や周りの人々に迷を掛けないように、或いはお世話にならないように、最大限の注意と努力を惜しまず、その上で自分の自己責任において完結できるなら、自分の好き嫌いは素直に無理せず実現してもいいのじゃないかなぁ?

| コメント(0)

カテゴリー:

5月7日金曜日

今日は親戚の長男の結婚披露パーティーに出席。このカップルは新郎の仕事の都合で東京で挙式と披露宴を済ませたそうだ。従って、今日は新郎の実家の京阪神の親戚にお披露目と結婚式の報告が目的のパーティーである。

高級ホテルでお食事を頂きながら結婚式や、結婚式で上映されたビデオを観ることに。結婚式が年々様変わりするのは、当事者の年齢や感覚・価値観の変化が主要因といわれる。確かに今回も二人が横浜と湘南でロケまでやってショートストーリーのビデオ作品を作ったり、結婚式場前の路上(表参道)で新郎新婦が、披露宴の衣装のまま、通行人も気にせず、ビデオに式前の心境などを語ったり・・・

まるで結婚式という従来からの冠婚葬祭の一つではなく、結婚式という作品作りに変貌している。それが悪いというのではなく、冠婚葬祭が作品と化し、哲学的な色合いや宗教的な重み、親族など血統の結びつきや広がりを感じる荘厳なもので無くなりつつあり、個人個人の感動やメモリーのためのイベントという存在になってきている。

結婚も家と家の新しい結びつきや、血統の広がりなどではなく、個人の人生の中での一コマであり、我が日本人の生き方もいよいよ個人主義が十二分に浸透定着したようだ。勿論家族や親戚とは仲の良いグループと、或いは馬が合う仲のみ親密になり、それ以外はいかに親戚でも浅くドライに付き合うという、まさにストレスフリーの親族関係がいい感じじゃないか!

| コメント(0)

カテゴリー:

5月6日金曜日

今日は私の持病の主治医が開業された。勿論患者第一号として新院長との約束どおり朝一番で病院を訪れた。開業時間丁度に病院に入ったら、なんと既に十数人の患者さんが待合室に居られた。驚くと共に慌てた。新院長の人気の高さと、人間(患者)は同じようなことを皆考えるんだなぁっと。

開業まで何回も診療シミュレーションを重ね、患者様との接し方を良くしておくため、全員で接遇研修やトレーニングも受けていたことは、新院長から聞いていた。しかし、本番はそんなに甘くない。受付をはじめ血液検査など受け入れから混乱だらけ。スタッフは必死で対応に当たるが、やはりぎこちなさと不慣れは待っている患者様に丸見え。

新院長に付いて通院病院を変えてきた今日ご来院の患者様といえども、いろんな方が居られる。恐れていたことが起こり始めた。受付に検査のため朝食抜きできた患者様が、検査を速く受けさせろと詰め寄る。これに同調してもう一人の中年の患者が受付に詰め寄る。

この出来事は誰が悪いわけでもないと思うが、終始新院長はじめ全スタッフが平身低頭対応し続けている。どんな場合もどんな言葉にも笑顔を絶やさず、ただひたすら懸命に対応している。明らかに全スタッフの顔色は動揺している。でも笑顔を絶やさない。私が当事者だったら・・・と考えると、これだけ笑顔を絶やさない全スタッフの凄さに敬意を持たずに居られなかった。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月5日木曜日

今日は子供の日。遊園地や公園行楽地に、子供を連れて行った親も多いことだろう。こんなに外出日和の祝日は、行った先でBBQなど楽しんだ人も多かったのだろう。お店であればそれなりに責任を持って営業しているはずと思うお客様。

確かに飲食店の場合、それなりに保健所など監督官庁がはっきりしているので、利用者はある程度安心して利用できる。しかし、先日来報道にもあるように、全て完璧に法律などで安全が保障されているとは言えない。

確かに営業者や商業者は、お客様に喜んでもらおうと日々たくましく様々な工夫をする。その日々の進化変化に法律が追いつかないケースも多い。また、あまり雁字搦めに法律で商業や飲食を縛りすぎると、面白くない、またこだわりの無いお店が増えてしまう。

何かあると何でもお上の責任をまず追及する民とマスコミ。それは悪いことではないと思うが、昔祖父祖母両親などから、生活の知恵をいろいろ授かったことを思い出す。民の生活に対する責任は、お上と先輩諸氏と自分自身の三つ巴で、しっかり構成した方が人間らしい面白い生活が生かされると思うのだが・・・。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月4日水曜日

朝から所用で橿原に行った。道中、高速道路も一般道路もあちこちで大渋滞している。目的地まで約倍の時間を要した。車中のカーラジオをも、全国的に高速道路などで数十キロ単位の大渋滞が頻発していると伝えている。

車中から渋滞に並ぶ隣の車を眺めていると、「こんなに沢山の人々が家族連れ、またはカップルで何処へ行くのだろう?」っとこんなに並んで疲れてまで、何処へ何をしに行くのか気になって仕方なくなった。ガソリンが高くなった高くなったと多くの人が文句を口にする割に、車がちっとも減らないどころか増えているように見えるのは、この国の景気はどっちなの?

今日5月4日はついにJR大阪駅の大阪三越伊勢丹と大型ショッピングセンター「ルクア」がグランドオープンしました。少し前の4月29日には阪急阪神グループの「ヌー茶屋町」の増床分がオープンしました。先日から次々と大型商業施設がオープンしています。

こんなに大阪市内も商業競合は決して穏やかな状態でなく、むしろ激戦状態に入っているのに、今日も地下鉄や私鉄に乗っている人、街を散策している人たちの手に買い物袋が見られないのは、やっぱり不景気?でもこんなに商業が次々オープンするのだから好景気?

いったいこの国は今、どっちなの???

| コメント(0)

カテゴリー:

5月3日火曜日

今日も朝から黄砂が激しく降り注ぐ。本当にこんなに遥か彼方の中国から、こんなに超微粒子の砂が飛んできて、空どころか陸全体を包み込む状態が続いて、車の吸気、人間の呼吸に影響ないのか?

朝から十数年ぶりに出雲に行って見た。山陰自動車道だの出雲バイパスだのと道路環境もすっかり様変わりしていた。当然のように出雲の街も大きく変貌し、もう私の記憶と一致するところは断片的にほんの一部だけになっている。

数年間で街ってこんなに大きく変わるものなのだ!道ってこんなに変貌するものなのだ!と痛感させられた。結局昔の取引先や仕事したショッピングセンターは見つけられずに、引き返すはめとなってしまった。残念と思うと同時に、寂しさが胸の中を踊りまわる。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月2日月曜日 Vol.2

久しぶりに島根県松江市に入った。昼過ぎに会社を出発して夕方6時過ぎにホテルに到着。今日は朝から西日本の広範囲に黄砂が降って、黄色に霞んだ街と山並みを4時間半走り街に入った。黄砂って本当に健康被害は無いのかこんなに酷い黄砂に不安になる。

駅前のホテルに入ってから、夕食の調達にコンビニを求めて外出。えっ!!駅前なのにコンビニが見当たらない!!びっくりする以上にこんな日本の流通事情に比べて、松江駅周辺のコンビニの無さに不安にさえなる。コンビニの無さは街の寂れ具合。

そういえば、まだ夜7時頃なのに駅前の路上ミュージシャンの熱心な聴衆は素直そうな女子高校生一人。何だか「寂しい!」を通り越す寂しさ。駅コンコースにも駅周辺にも探さないと人気が見当たらない。

この寂れ具合は遠い昔にサラリーマン時代の私が、ショッピングセンターの開発のために派遣された現地の当時の様子とそっくり!即ち、山陰の大都市の一つの松江もいよいよ根本的に街再開発(根本的街の再構築)の時期が来ており、それは松江の次の時代が来ていることを告げているように思えた。

| コメント(0)

カテゴリー:

5月2日 月曜日

今日大阪から松江に入った。道中昨夕より今朝にかけてマスコミの天気予報で煩く言っていた黄砂が激しく降り注ぎ続けた!、一時間半も高速道路を走ると、フォ論とウィンドウは砂埃でくすんで来る始末。

中国から遥遥この日本まで飛んで来るなら、福島の原発事故の放射能は本当は何処までドンで行くのだろう。まぁそれはあまりにシリアスな話なのでさておいて、黄砂の中を車を走らせることは決して良くはない。なぜならエンジンに確実に砂の埃を吸い込んで走ることになつから。

黄砂にしても、放射能にしても浴びることは本当は我々自分お生活領域で暮らすしかない人間には仕方のないことかもしれない。私はもう十分老人なので、放射能に汚染されることはさほど脅威ではない。

 

放射能も黄砂も私の人生がこの国で営まれる限り全て私の定め、運命ということを受け入れて、明日はこれまでより、より充実した日だといえる日を日々送ることに注力したいものだ。黄砂は恐らく体にかなり悪いと私思う。同時に原発事故も福島の事故は決して軽いものではないと思う。でも、私達は今を精一杯生きることしか出来ないではないか?

| コメント(0)

カテゴリー:

5月1日日曜日

私は自分で言うのもなんですが、無類の愛犬家。先日仕事のついでにペットショップを覗いてみた。最近大流行なので、目が飛び出るほど高価な小型犬ばかり。私が飼っているラブのような大型犬は、たまにしかショーケースに陳列されていない。

このゴールデンウィークに各地の動物保護施設を訪れる人は従来より確実に増加しているそうです。そして、もらって帰ってくれる人も大幅に増加しているとか?東日本大震災以降この現象が顕著になっているとのこと。

彼らは生死を掛けて必死で愛想を振りまいているかのように、可愛い奴ばかりに見える。ペットショップの高飛車で生意気な高価な小型犬より、彼らのほうがはるかに飼い甲斐があるように見える。っがしかし、彼らは殆ど無料。

人間も高飛車で生意気なマスコミバブルに乗った奴より、必死で日々を生きている人間の方が私は好きだし、本当の価値ある人間だと思うのは。私の偏見?嫉妬?それとも私自身がチビで、血統も混血の正真正銘ミックスの中途半端な芝犬崩れの中型犬だから?・・・

| コメント(0)

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2018年6月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30