スティーブ ジョブス逝く

カテゴリー:

10月10日 月曜日

先日アメリカ アップル社の共同創業者スティーブ ジョブス氏が亡くなった。このニュースはショックだった。何故なら、私と全く同じ歳で、しかも私の場合はがんではないが、膵臓を病んでいた。死因の一つがこの膵臓がんとの闘いだったとか。

このニュースは私には大変なショックだった。私は創業した当時からコンピュータなど全く素人なのにアップルのファンで、コンピューターも早い時期からアップル社で、今ではiPhone、MacBook、MacBook Airと周りはアップル社に囲まれている。

もう一つは、あの有名な言葉「明日自分の命が亡くなったら・・・っと考えたら、今日そして今すべき事が明白になる。」「常にハングリーであれ、そして愚かであれ!」この二つの言葉の重みは私にはずっしりとくる。と同時に強く共感できる。

そこでふと思った。マスコミなどでこのジョブスの言葉をやたら紹介しているが、この言葉の重みとその意味をどれほどの人が深く理解できているのか?私は深刻な持病を持ち、命の限界を知り、脱サラ創業して10数年資金と営業に苦労した今だから解る気がする。

| コメント(0)

コメントする