2017年5月アーカイブ

カテゴリー:

昨日は日曜日だというのに、ある協会の総会で日帰り東京出張。東京へ向かう時は二〜三日前からなんだかいろいろ周到な準備に入ってしまいます。その時の最も大切な事は、関東大震災に遭遇した場合に備え、如何に手軽に且つ十分な荷物を整えるかです。いつもの出張は大半が持病に関連したインスリンや、インスリンポンプの消耗材及びポンプ機器のいざという時の予備材を車に積んで移動しています。

私は阪神大震災以来今日まで東日本大震災、熊本大震災など約20年間で主要な大地震すべて体験(受震)しています。その関係か長距離出張する時は、出先で大災害に合った場合に備え、1週間はその場に滞在できるよう医療準備が必要です。しかし、日帰りとなると持ち歩ける荷物も限度があり、十分準備することはそれに比例して荷物が重くなり疲れがひどくなります。持病とはいえいつも出張は大変です。

昨日もいつも通り東京駅の人の多さに辟易しました。大阪駅、天王寺駅、博多駅などなど人がごった返す駅には慣れている筈ですが、この東京駅の人の多さは別格です。日曜日だというのに、仕事風の人も多く、東京の一極集中の弊害は目にも明らかです。乗り換えて有楽町に行くと、さすが日曜日を感じさせる小さな子供連れのファミリー客が列をなして東京国際フォーラムの中へ吸い込まれていきます。

このファミリー客の多さも別格で、誰か有名な人のコンサート以上の混雑ぶりを感じさせます。そこでふと頭をよぎったのが、この状態で関東大震災が起こったら皆どうするのだろうという事でした。如何に大きい東京国際フォーラムでもこの人数を許容できないのは言うまでもありません。有楽町の駅周辺も人で大混雑です。こんな東京人の多いところでよそ者の私はどこへ避難すれば良いのだろう?

| コメント(0)

カテゴリー:

高知で整形クリニックの偽医者が逮捕されたニュースが頻繁に流れています。偽医者は論外ですが、皆さんは藪医者(やぶいしゃ)という言葉をご存知でしょうか?診断治療の能力の劣った医者。下手な医者。をいいます。これと同時に薮薬師と言う言葉もご存知でしょうか?これも藪医者を意味する言葉で、現代のように医師と薬剤師は明確に分かれていなかったから、一緒の意味となっているようです。

実はこの他に筍医者(たけのこいしゃ)という言葉もあり、これは藪医者よりへたくそな医者という意味です。確かに薮の前は筍です。私は持病の関係で、ここ10年ほど医療に関して浅いものの、何かと関わる機会が多くなりました。そこで診療や治療を受ける際に最も皆さんが気になるのが、医師や医療施設選びです。最も安心と思われているのが紹介、最も心配なのがたまたまなど、偶然です。

人は自分の病気や怪我を治すにあたって、医師や医療施設の評判や腕の善し悪しが最も気になります。即ち自分の気持ちや覚悟等自分の姿勢や努力はさておき、医者に全面依存している証拠ともいえます。これは商業コンサルに対しても同じです。最近また商業コンサルに対して不信感等を口にする方々が増えています。これは世代交代して商業コンサルの選び方や善し悪しが見えない人が増えたからです。

勿論盲目的に商業コンサルを信用しろとは言いません。藪医者同様、薮コンという何事も下手なコンサルタントもこの世には沢山居ます。キャリアが浅く筍の様な状態のコンサルも居ます。ただ商業コンサルにもいろいろあります。指導教育と称して、知識やスキル・アドバイスを与えて業務完了のコンサル。実際に現場を救い終わるまであれこれ手を尽くすコンサル。自分の求めるコンサルを選びましょう。

| コメント(0)

カテゴリー:

先ほどスーパーの現場で恐ろしい光景を目にした。一つ目はインフォメーションの前でエプロンをしたこのスーパーの従業員らしき男性に、ショッピングカートを前にした大柄の男性が大きな声で苦情を言っている。内容は明らかに自分勝手な言い分を主張し続けています。続いて隣のレジに目をやると、40代の女性が「レジ袋はご入用ですか?」の質問に「見りゃわかるだろう!」とスタッフを睨む。

1億総クレーマ時代と言われて久しいが、これほどとは思わなかった。私達もここ数年急増しているクレーマー対策研修を実施させて頂いてはいるものの、現場ではこんなに当たり前のようにクレーマーがはびこっている事に驚きました。今回の場合、どちらも自分の思い込み、自己勝手な主張が主パターンですが。全国的にこのパターンが多いようです。どこかの国が企みで怒りっぽい薬でも蒔いているか?

昨日、報道バラエティでウォーキングの綺麗な女性が、真剣に「アンガー コントロール(怒りの制御)」という特集で、関連する協会の役員と共に出演し、怒りを押さえるダンスかポーズをやって見せていました。怒りの最中にこんな事が出来るのか、これがテレビのコンテンツ?と疑う。

「怒りの制御」は、先進国の我々には非常に大切で必要不可欠な事です。

1.自分の周りは自分の思い通りに行かなくて当たり前と自分に言い続ける。
2.怒りを覚えたらすぐその場を離れるか、離れられない場合は次の予定やスケジュールを考える。
3.怒りは自分の健康を害する。場合に依っては寿命を短くする!と自分を脅す。

これが私の実質的アンガー コントロールです。

| コメント(0)

カテゴリー:

昨日たまたま久しぶりにダーウィンの名言が目に留まりました。「1時間を無駄に過ごすような人間は、まだ人生の貴重さを発見していない。」ダーウィンの残した名言と言われるものには賛否両論のものも多いそうです。でも私は彼の残した名言はどれも大好きです。この名言あなたはどう解釈しますか? 名言の価値とはそれを読んだ人がどう解釈するかに依るものなのでしょう。

1時間という長さを短いとみるか長いとみるかにも依りますが、私は1時間は1日の中では長いと思います。その上でこの1時間という流れをどう過ごすのかを彼は問題にしていると私は解釈します。それはコツコツ働けと言っているようにもみえますが、まさに彼の言っているのは1時間という時の流れの中でどう生きるか?どう働くか?どう楽しむか?が大切なのだと言っているようにみえます。

昨今若い人たちの中に職場で精神状態を害され、病んでいる人たちを多く目にします。これは躾に問題があるとか、学校教育に問題があるとか様々な原因が挙げられていますが、私は画一的な教育の中に常にマニュアルの様な一定の枠が厳然と存在し、ある時はこの決められたルートが人々に楽を提供しますが、反面そのルートに乗れなかった人々には強烈な苦痛を与えています。まるで脱落者のような・・

人には応用の能力が備わっている筈です、働き方は一つじゃない。生き方は一つが正解じゃない。人生の中の価値は一つじゃない。この世に存在する約70億人の人間の分だけ、価値があり生き方があり、人生があると思うのです。あなたの頭の中にある自分を縛っている生き方、働き方を一度リセットして下さい。その先にあなたらしい応用された生き方、働き方が見えてくるでしょう!応用応用!

| コメント(0)

カテゴリー:

ある100円ショップでの光景です。70代のご夫婦がレジの順番待ちの時にご主人が「レジの人に聞いてみたら?」と言っているが、ご夫人はご主人の意見を無視して考えているようです。何度かご主人は繰り返しますがその内にこのご夫婦の精算の番が来ました。40代くらいの仕事に慣れている様なスタッフさんです。商品をカウンター上に取り出し、自店の買い物かごをバンと後ろへ投げ捨てます。

良く言えば手際よいレジ処理です。悪く言えば乱暴で粗暴な行動がいかにも面倒そうに見えます。このご夫婦はその手際よさ(粗暴さ)に押されたのか二人とも黙って精算を終えようとしています。後ろから見ていた私にはこのご夫婦が可哀想に見えてなりません。何度も「レジの人に聞いてみたら?」と後ろの私に聞こえていましたから、レジのスタッフさんも聞こえていない筈が無いと思うのです。

コンビニエンスでも同じ様な光景をよく目にします。日本SC協会始めAEON MALLさんなど非常にロープレに力を入れている昨今、こんな乱暴で粗暴な販売員が急増しているのは何故でしょう?全国のデベロッパーさんやプロパティマネジメント会社の方々は非常に勉強のできる高学歴の方が多く、販売やサービスの現場は勉強があまり好きでない方が非常に多いのが実態です。

この種の大きなすれ違いはいずれ現場に大きな歪みを生み出し、肝心の現場がお客様に失礼な事態になってしまうのは目に見えているように思います。私は40年近く販売やサービスの現場を見て回って、つくづく感じるのは頭の良さよりハートの良さ!不特定多数の人々を相手に仕事する現場では顧客満足などという小難しく実現が困難な事より、まず人間として販売やサービスの基礎力が大切では?

| コメント(0)

カテゴリー:

アニサキス症?テレビ等で頻繁に流されたので既にご存知の方も多いでしょう。そうです!食中毒の症状と同じですが、これは一般的に言う細菌等に依る中毒症状ではなく、アニサキスという寄生虫の幼虫を食べて胃や腸の壁に潜り込まれ、非常に強い痛みを発する症状です。昔「虫下し」などという薬を定期的に呑まされた記憶があります。まぁその一種でかなり昔からどの家庭でも発症する病気です。

このニュースでふと思ったのですが、私たちはおばあちゃんや母親からの言い伝えや教え、及び生活の知恵を絶滅させつつあるという事です。まだおばあちゃんの知恵や家の中での言い伝えを、脈々と受け継いでいるご家庭は沢山あります。その一方で若い頃から一人暮らしの人たちや、安直に生活文化の飛躍的な発展の恩恵にあずかっている私たちは大切な言い伝えや知恵の伝承を途絶えさせています。

アニサキスもおばあちゃんの世代には、「鯖等の刺身や調理はまず1日程度冷凍してから・・・」というのが当たり前で、これこそアニサキス退治の知恵だそうです。アニサキスは体長2〜3cmでしっかり観れば切り口等に蜷局を蒔いているのが見えるそうです!そして見落としても、しっかり、しかも十分噛めば切り刻む事に成るので死滅するそうです。アニサキスはやはり菌ではなく寄生虫である証拠!

今は余りに便利になりすぎた事と、何でもインターネット頼みスマホ頼りが当たり前になり、生活の基本的な知恵を喪失し続けて、生活の安全性などは時代が逆戻りしているかも知れません。高齢化が大きな問題になりつつある昨今おばあちゃんやおじいちゃんの言う事や教えは、一先ず聞いておく事も大切なように思います。昔の知恵を大切に伝承することも私たち人間の忘れては成らない仕事なのかも。

| コメント(0)

カテゴリー:

今日はある某公益社団法人の役員に推薦され、近々就任が決まったため申請のための書類を作成していました。履歴書、役員就任承諾書、役員データ確認書、利益相反申告書など肩の凝る作業だった。特に履歴書なんてもう40年振りで、まず自分の経歴の西暦が判明しない事ばかり。自分の履歴を書く事で、一人の人間の歴史なんて結構簡単そうで、奥深いものだったのだと痛感しました。

単に私の記憶力が悪いだけかも・・・。しかし一方で昨今増えている頻繁な転職等定着率が非常に悪い若者達は、頻繁に履歴書を書いているので意外と履歴の項目はとても多いとは思いますが、それぞれの年号や月日は明確に脳に刻み込まれているのでしょうか?そういえば大手企業の社内転属転勤履歴は、皆さん正確に記憶されているのでしょうか?2・3年で異動の繰り返しでは記憶も大変でしょうね。

最近話題の「働き方改革」の論点が、あの大手広告代理店の新人女性自殺問題が目立ちすぎて、労働者の就労の仕方を見直そうという論点が多数を占めています。しかし企業の中で働く際に、自分はスペシャリスト路線を行くのか?ジェネラリスト路線で行くのか、これも大きな働き方問題です。そして最近大手企業さんの場合、正規社員か非正規かと合わせ、ジェネラリスト育成が問題の様な気がします。

最近大企業さんを拝見していると、2・3年で異動する人事が当たり前になっているように感じます。しかも同じ事業部内で異動が繰り返される場合はまだ問題が少なそうに感じますが、大企業の場合、異色な仕事の部署を跨いで異動されるケースもよく拝見します。この場合、就く職場の実作業は出来るが、職場の実態や大切なビジネスモデルが分からないままの異動が目に付きます。これって将来大丈夫?

| コメント(0)

カテゴリー:

さぁ!ゴールデンウィークも終わり、今日から皆が通常営業だ!今朝フランスの新大統領が決まりました。次は明日韓国の新大統領の投票です。今日から私たちの会社も通常営業に戻りました。平常の生活に戻って感じるのは、日々のニュースをどれほどの生活者がリアルタイムにしかも正確に知る事が出来ているのかということです。新聞、テレビ、ラジオもインターネットも報道は正確に伝わっているのか?

休日と平日との違いは、平日は私たち生活経済がかかった日々で、国内外の経済状況に深く拘ることですね。勿論平和の維持も切実な条件です。そこで、我々庶民が最も頼りにするのはいかにリアルタイムで国内外の「ニュース」を取れるかです。庶民には覗く事も困難な全国の情報や国政についてや世界の情勢・情報や各国の政治の実態です。これが私たちの生活の足下だと言って過言でないからです。

朝に多いバラエティー番組は視聴者が忙しいこともあり、ニュースは比較的直近の出来事を掻い摘んで紹介しています。後は庶民の興味を引く素材を面白おかしくし紹介しています。これはこれで毎朝欠かせない生活のお供となっています。若い一人暮らしの人にこの朝の「ながらテレビ」や「BGテレビ」は縁遠く、ニュースや各種情報はインターネットで済ませるという若者が非常に多い事に驚きます。

今後インターネット以外のマスコミ離れは仕方ない事なのかも知れません。既に新聞購読者が激減しているというニュースは新しいニュースではなくなっています。まぁそれはさておき、とても気になるのがテレビラジオなどマスコミの報道が何か物足りない事です。下手をするとこれは情報の意図的操作にも見えてきます。ニュースは時間で制限せず、中身の正確な紹介(報道)を優先にして欲しい!

| コメント(0)

カテゴリー:

あと9時間弱で連休は終わります。9連休の人も5連休だった人も同じ様に連休は終わっていきます。皆さんはこの連休は如何だったでしょうか?私はいつも通り毎年同じ様な用事を果たし、ちょこちょこ事務所に行って、連休明けからの予定や段取りを立てて過ごすゴールデンウィークでした。あなたは楽しかった?期待ほどではなかった?思ってもいない事が起こって悲しかった?嬉しかった?

9連休って結局216時間、一般的な方の寝る時間を除くとほぼ150時間です。この連休を顧みるのも良いでしょう。連休明けからの厄介ごとを想像して憂鬱になるのも仕方ないでしょう。でも過ぎ去ってしまった時間を悔いてみても、これから先の時間を憂いてみても明日の自分には何も残らない方が多いのではないでしょうか?過ぎ去ったこともこれから起こることも誰にもどうする事もできません。

私たちが自然に抗えない事は、小さな子供でも理解していることです。そして時間も、考えてみれば四六時中私たちの生活に最も密着していますが、ドラえもんではない私たちにはどうする事もできません。阪神大震災以来何度か起こった地震を始め自然災害の力も、勿論どうする事も出来ない非常に恐ろしいものです。同じように時間の経過は良い事も悪い事も連れてきますがどうする事も出来ません。

ただひたすら時間に振り回され、自分の死の瞬間まで時間に支配されます。私たちの命は別名時間なのかも知れません。私たちは時間の経過を早く感じるとき、とても遅く感じるとき、時間を忘れるときと、自分の都合や勝手で時間を支配しているように一見見えますが、でもしっかり平静に戻るとちゃんと時間に支配されています。時間の経過をコントロールできないなら、「今」を懸命に生きてみよう。

| コメント(0)

カテゴリー:

連休中、私の傍らにはいつもテレビが点いています。主な目的は常に新しいニュースをキャッチするためです。若い人々や年齢に関係なくスマホ等でインターネットを活用している人たちにはお笑いなくらい時代遅れかも知れません。しかし、テレビは点けてさえおけば検索しなくても勝手に定期的にニュースを届けてくれます。40年ほど前までこの役割はラジオが担っていました。

ラジオもAMに加えてFM波の放送も全国的に普及しています。でも、かつてに比べてラジオが私たちの生活に密着しているとは言えない状態です。そこでビジュアルが付くテレビのポジションは、相変わらず庶民の生活には非常に近いと感じます。ラジオも、私は長距離の運転時に地震や大きな事故等の情報を得る事と、各地のリアルでタイムリーな情報を得る最高の手段なので各地のFM放送は聞き続けています。

それにしても、この連休中、私の傍らのテレビの番組はお世辞にも面白いとか魅力的とは言えなモノになっています。景気が悪くスポンサー企業もスポンサー料も値下がりしていることが、番組の仕込みや内容に如実に現れてしまっています。かつてテレビは人々の興味が集中して、しかも景気に乗じて多額なスポンサー料を集めていたので、基本的な企業体質が今の時代に合っていないのでしょう。

50年ほど前から、番組の内容等に拘らず、テレビは暇な老人のお供になってきました。そして高齢化が本格化した今、薄っぺらなお笑い芸人があちこちに登用され、番組の内容も薄っぺらになり、如何に老人でも観たいと思う番組が姿を消しています。老舗有名芸人の番組も本人に疲れを感じて観る気にもなりません。採算の都合なら再放送のドラマでも良い、兎に角見応えや、楽しみを持てる番組を少しでも復活して欲しいものです。

| コメント(0)

カテゴリー:

今日は「こどもの日」という祝日。子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに母に感謝する日とされているそうです。皆さんご存知でした?なんだか母の日とちょっとかぶっている様な・・・。最近子供に虐待をはたらく親が目立っています。この親も「こども」と言えそうな。それどころか親ならずとも最近9歳の女児を殺害して遺棄までして、いつまでも黙秘する保護者会の役員まで登場。

女児に悪さをする輩は古今東西後を絶ちません。まぁこの問題はもしかすると私たち人間の永遠の重大な課題なのかも知れません。それより今とても気になるのは、未だにテレビのニュースからバラエティーに騒ぎを移している某学校法人問題。大の大人しかも教育者があの無様。「こども」って年齢などではなく、いくつに成っても心や思考が「こども」はもしかするとこの世に無数に存在しているかも。

一般的に「こども」って小児、児童を指すとされています。しかし辞書には「こども」とは幼稚なことともされています。家庭や社会で弱者である小児、児童に対しては確かに大人達がしっかり人権を重んじ子供の幸福をはかる必要があります。しかし、同時に「こどもな大人」に対しては、その姿勢や発想、思考が幼稚であり社会のお荷物や、人に迷惑をかける存在である事を厳しく諭すべきです。

最近ニュースで紹介されていたのですが、統計的に沢山褒められ、厳しく叱られる子供たちは困難に直面しても、少々ではへこたれない子だそうです。あまり褒められず、厳しく叱られない子はすぐへこたれるそうです。「こどもな大人」が急増し続けている昨今。これからの子供達のためにも、私たち大人は大人らしい大人に一人でも多くの人々が成ろうとする事が大切な様な気がしてなりません。

| コメント(0)

カテゴリー:

この連休直前も、まっただ中も、全国各地で「グルメ」に関連するイベントが目白押しです。ラーメン、B級、地元食材などなどテーマは無限にあるようです。もうテレビのグルメリポート番組は何年流行続けているのでしょう?巷ではあまり売れていない芸人がグルメリポートで当たり、これに執着するあまり肥満から糖尿病を発病し、完食を映さなくなったとの噂ももっともらしく流れています。

決して自慢ではなく、私自身遅発1型糖尿病を10年ほど前に発症し、今ではCISSという常時チューブで体内にインスリンを供給するポンプを装着しています。私の場合は過食や肥満が原因ではなかったものの、大阪や全国の糖尿病関係の団体の役員をするうち、糖尿病が如何に皆さんにとって厄介な病気かを痛感しています。芸や仕事のためとはいえ、自分の体や健康を犠牲にするのは考えものです。

同時にこのようにテレビで高カロリーな食事や、人間業とは思えない様な大喰いを面白おかしく流すのは論外ですが、食欲は人間初め動物の三大本能の一つ。動物の三大本能の何れかを狙う商売は失敗し難いと言われています。だからと言って公共性が高く、しかも子供達に影響の大きいマスコミで、この様な不適切な摂食を朝から晩まで四六時中流すのは控えた方が良いのではないでしょうか?

今流行の大型複合商業施設でも路面店でも、飲食業を営む業者さんや店舗さんは、もっとお客様の健康を長い目で見て、少なくとも不健康なメニューや過剰なボリュームのメニューは極力避けて頂けないでしょうか?世界的に有名なファストフードのお店が、ある映像監督の自作自演映画で食べ過ぎで撮影開始から約半年ほどで亡くなり、一時その店舗の売上に影響した事も他人事ではないような・・・。

| コメント(0)

カテゴリー:

今年も4日前からゴールデンウィークが始まりました。カレンダー通りなら2日の平日を挟んで連休+5連休。まぁ最近は余裕の生活をしている方も多いので、9連休を楽しんでいる方も少なくないと思います。しかし、やっぱり日本人は真面目で働き者なのか、今日から5連休の人も多い様です。だんだん渋滞を避ける作戦も進化し、昨夜深夜から主要高速道路は大渋滞が繰り返されているようです。

私の場合、年末年始も夏期休暇もゴールデンウィークもカレンダー通り連休を取る事がありません。この生活はもう40年近く続いています。なのでどんな話題の場所でも人の少ないときに行くのが当たり前になり、人出の多い時期に高速道路も遊園地も商業施設も行く気がしません。日本人もそろそろフレックスタイムで働き、フレックスデイでの休暇を取る生活が一般化しても良いかと思います。

ただフレックスタイムで働く事を考えた場合、私たち老人には人間関係や、コミュニケーションなどがかつてに比べて大きく不足する事態に陥るのではという心配が払拭されません。最近TVのCMで若い社員が平気でオフィスに出社せず、皆ITなどの恩恵を被ってイクメンと仕事を自宅でこなすシーンがあります。もう一つメルカリでの不適切なトレードが連日二ユースで流されています。

特殊詐欺もメルカリ事件も、私には同じところに大きな問題が潜んでいると感じています。それは互いに顔を突き合わせていない事です。昔Facebookなどが急に普及した時、確かに飛躍的に便利になるとは思いましたが、顔と顔を突き合わせないコミュニケーションには常にフェークが存在する危惧でした。人は自分を観る目を実際に感じる時、悪い事が出来ない事をもう一度噛み締めたい今日このごろ。

| コメント(0)

カテゴリー:

4月26日に公開しましたブログで、店名のスペルに間違いがありました。正確にはLAKOLEでした。お詫びするとともに訂正させて頂きます。大変失礼しました。

さて今日からJR東日本の高級寝台列車が運行を開始しました。なんと!一人最高95万円の列車旅だそうです。たしか以前JR九州様で内容によっては百万円以上の列車旅の運行が開始され、大変好評でかなり先まで予約で満杯になっているとニュースが流れていた記憶がまだ浅い中での驚きのニュースでした。この企画も成功される事を心からお祈り申し上げます。

それにしても一人百万円前後の旅なんて、私には雲の上のお話でしかありませんが、それがJR九州様の場合好評とはいえ予約で一杯の状態が長く続いていると聞いて、まず自称庶民の私が考えるのは「どこにそのような大金が眠っていたのだろう?」ということでした。あるところにはあるのですね?!中小企業で生業を営む庶民の私には妬みしか頭に浮かびません。お恥ずかしい・・・。

このニュースで私が嬉しかったのは、数年前から私が講習で唱え続けてきた、「これからの日本は、バーゲンなどロープライス戦略での営業戦略ではなく、商品などにお客様にとっての高い役割や価値があるものを開発し、これを価値を維持した価格で販売した方が勝ち組になるでしょう。」と言う事の裏付けがレクサス初めJR九州様等の成功に裏付けられて来ている事でした。

北朝鮮の問題や行方の見えないアメリカなど、我が国の景気もいつ何時一気に悪くなるかもしれない可能性を秘めるものの、だからといって効果が低くなっているロープライス戦略ではなく、日常消耗品はより経済的に、そして価値ある商品はそれに認められる又は求められる価値のままに販売し、収益性の適正化を図りつつモノやサービスの価値を大切にする流通界を築き上げてゆきたいものです。

| コメント(0)

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2018年10月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31