期待のAI第3期

カテゴリー:

AI、即ち人工知能が今展覧会がらみでマスコミ等に騒がれています。これまでも何度かAIは騒がれたのですが、余りに世間の大きな期待に押し潰され、流行第一期も第二期も、すぐその後に冬の時代を味わっています。しかし、今回はそう簡単に押し潰されないであろうと言われます。その理由の大きな一つに「ディープ ラーニング機能を持つから」と言われます。科学や技術は着々と進化を続けています。

「ディープ ラーニング」とはこれまでの人工知能と違い、自ら学習して進化してゆく機能を持っているという事だそうです。即ちコンピュータ自ら、人間がいちいち教えなくても、自分で自分を進化させる能力を持つようになったということです。とても便利になったものです。一方で人間の職場や仕事が大幅に奪われそうな恐ろしさも感じないでは居られません。CADでデザイン分野が疲弊したように。

この世の中は何事も常に新しい方向へ進化しています。人間も世代間のジェネレーションギャップを考えれば、良くも悪くも世代が進むに伴い、働き方や価値観等生きる姿勢や求めるものが大きく変わっています。私の様な年寄りは過去の経験と学んだ事から、今の若者の将来に勝手に危機感を覚えています。でも、いつの間にかその危機感は消え去り、過去に不安だったことは厳然と存在しています。

ここ50年ほどで、人間の道具はかつて想像も出来なかったほどの進化をみました。そして今も着々と進化を続けています。今、怠惰な生き方に陥って居られる人々は、この先どのように生きていかれるのでしょう?人間が生きてゆく上で未来永劫絶対必要なモノやコトはいくつかあります。現在の我が国の平和や安住な生活環境はいつまでも保証されている訳ではありません。ちょっと考えてみませんか?

| コメント(0)

コメントする