カテゴリー:

おはようございます。アサコですconfident
気がつけば、3ヶ月も経っていました・・・sweat02

やはり6月以降は大忙しで、社内にいるメンバーが少ない分、
もう、てんやわんやですsweat01

さて、ロープレも各エリアでの決勝会が実施され、次はいよいよ全国大会ですsign01
サポートさせて頂いているショッピングセンター様が、各エリアの決勝会に進出していることもあり、
「全国大会出場shine」との朗報を心待ちにしている日々を過ごしております。wink


そして・・・覆面調査もシーズンを迎えましたsign01
わたくし、実はレスコにて、主に覆面調査の集計・分析等の作業を行っており、
数値も文章もなので、この時期は“左脳”がフル回転でございます。

ですが、エクセルで数値データを作成した後は、脳内が数値になっているためなのか、
文章のチェックをすることが難しくなります。
数値も文章も、同じ“左脳”なのに、不思議ですね・・・catface

 

それにプラスして、提案書等のレイアウトやデザインにも携わらせて頂いているので、
こちらは“右脳”がフル回転でございますwobbly

へとへとになりますが、“左脳”と“右脳”とを交代で使っているので、
同年代の人たちよりも脳年齢は高いかも?と思うことにします(笑)

さぁ、まだまだ“左脳”も“右脳”もフル回転でがんばりますよーsign03

アサコcat

| コメント(0)

カテゴリー:

おはようございます。アサコですcatface
大阪は雨rainが降っております。湿気がすごいです。

やはり、毎年6月以降は特に忙しく、研修、調査、ロープレ、営業などなど、
外出メンバーは全国を飛び回っていて大変そうですwobbly
1ヶ月くらい会えないメンバーshadowがいたり、社内も2~3人しかいない日が増えてきましたsweat01

このような状態になると、社内メンバーと外出メンバーとの
コミュニケーションをとるツールがメールmailメインになってくるのですが、
これも数が増えると、なかなか確認できない状態になってしまいますsweat01

毎朝、数十通のメールをチェックし、必要であれば返信をし・・・・
なんだかんだで午前中が終わってしまう日もしばしば・・・。

それでも!業務を滞らせることのないよう動かなければなりません。
業務を遂行するにあたり、大切だと思うのは「段取り」です。
複数の業務の「段取り」と「調整」ができていないと、パンクimpactしてしまいます。
そして、この「段取り」と「調整」が一旦できていれば、
何か緊急で対応しなければいけなくなった時に、すぐに「再調整」することができます。
緊急事態は即対応しなければ、さらに炎上してしまうこともあります。

炎上・・・おそろしい・・・shock

ということで、今から年末・年明けに掛けて(・・・長いsweat02)、
すべての業務が滞ることのないよう、
色んな人のサポートも受けつつ、駆け抜けていこうと思います!run

アサコcat

| コメント(0)

カテゴリー:

スタッフブログの更新が、長らくできてないままでした…。shock
社長からも「何か更新しないと!」と、活を入れられましたので、
満を持して(?)、レスコ勤続14年(バイト時代も含めると)の、わたくし“アサコ”が
レスコの日々をつづらせて頂こうと思います。confident

とはいえ、わたくし。
「常に」「毎日」、社内で黙々と主にPC作業をしておりますので、
全国を飛び回っている他社員たちのように、
現場のキラキラshineした最新情報をお届けできないのが、悲しい限りです。weep

それでも、みんなからの研修の合間や移動中等に教えてもらった素敵shine情報を
少しでもお届けできればなぁと、他社員たちに「情報下さいっ」とアピールしつつbleah
久しぶりの更新としたいと思います。

今から、かなりの繁忙期になりますので、また滞ることがあるかもですが、
なんとか・・・・頑張りたいと思います!happy02


アサコcat

| コメント(0)

カテゴリー:

”プロ覆面調査員”育成中!


あなたの眠っているキャリア・スキルを活かしてみませんか?


約30年ショッピングセンターの活性化支援をしているレスコフォーメイションが、そのノウハウを伝授します!!!

 

 

いまや自宅にいても買物やサービスを受けられる時代。

実店舗の店長・スタッフに求められることはまだまだあるはずです。

 

その一方で、店長・スタッフは慢性的な人手不足に頭を悩ませるお店も少なくありません。

覆面調査というのは、お店に土足で入らせて頂くようなもの。

常に謙虚な気持ちと、お店を応援する気持ちを持って調査をさせて頂いております。

 

 

お客様満足を高めるため、売上を上げるために一生懸命な、店長・スタッフの皆さんのお役に立ちたい!

という想いでレスコフォーメイションは覆面調査を始めました。

そして、覆面調査を始めて20年以上が経ちます!

 

ありがたいことに、全国のショッピングセンターからの依頼は年々増えており、より多くのクライアント様の要望に応えられるように・・・と、”プロ覆面調査員”育成プログラムを始動しました。

 

育成プログラムは、レスコフォーメイションの教育機関が行います。

面接から始まり、テストやレクチャーを重ね、認定を受けて頂くというステップを要しますので、

誰でも簡単になれる!というわけではありません・・・

 

ですが、調査に必要なスキルはもちろん、レスコフォーメイション約30年の接客・売場に関するノウハウを惜しみなくお伝えしますので、今後のキャリアに役立つこと必至です!

年間500件以上の覆面調査をこなす専門のアドバイザーが、スキルに合わせてプログラムを組み、デビューまで個別指導するという贅沢なプログラムです!

 

レスコフォーメイション認定の調査員として認められた方は、すでに全国で活躍中!!

覆面調査に興味を持った方、HPの問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

★現在、関西にお住まいの方を大募集中です★


diamondこんな方が活躍中diamond

  • 中小企業診断士として独立された方が、仕事の幅を広げるために・・・
  • 元大手企業役員秘書というキャリアを活かすために・・・
  • 元航空会社勤務・・・身につけたトップレベルのサービススキルを活かすために・・・
  • 自宅でネイルサロンを行うかたわら、サービススキルをさらに高めるために・・・
  • 店長・マネジメントの経験を活かすために・・・

| コメント(0)

カテゴリー:

会社のブログが約二年もストップしていたのに、たまーに気になりつつ、放置してしまっていたのは、単純にずぼらだったということσ(^_^;。
ても、これじゃいかん!と、実感した出来事がありました。

とある施設でレスコの研修を受けて、ありがたいことに興味を持ってくれたひとりが、縁あって当社の面接を受けてくれました。その折、ずっとブログが更新されてませんが、何か理由があるんですか?と、質問してくれたんです。目には見えない、気にかけてくれる人がいることを分かっていなかったことに、思いがけず気づきました。レスコの財産である社員の動きや気持ち、ちょっとした想い、あまり敷居を上げずにこまめに発信できたら良いなと、自然に思ったのです。
気づきをくれたその人は、今、社員として猛勉強中。我が社の財産がまた増えました。

で、徒然猫は財産達にサポートしてもらいながら、取締(まられ)役福(願望を文字にしてみれば)社長として、忙しいながらも楽しく飛び回っています。代表取締役社長始め、社員達から取り締まられながら…。 徒然猫
 

| コメント(0)

カテゴリー:

のぞみで帰阪中。
今の時期、ロープレコンテスト真っ盛りで、社内のメンバーはかなり移動が激しいのです。1、2週間顔を合わせないこともしばしば。
社内のコミュニケーションが悪くならないよう、結構気を使うのですが、こちらの心配をよそに、移動中の時間をうまく使っている強者も。毎年、この時期は同じ状況ですから、まあ、準備と対策は工夫次第ということです。

話はロープレのこと。初めてのハードルはかなり高いのですが、たった一度、できていることとできていないことを確認するだけでも、次はもっとできるようになりたい!と思うスタッフが多いことに、いつも感心します。スタッフの質の低下云々を耳にすることがありますが、ロープレセミナーの参加者に限っては当てはまらないですね。
今時のスタッフ達は、真面目で吸収力も抜群です。短期間に驚くほど成長して、審査しながら、ついニヤニヤしてしまいます。やれるだけのことはやったと実感できたり、他店のスタッフの頑張りを目の当たりにしたり、悔しい思いを味わったりと、刺激たっぷり。参加の過程での成長のスピードには驚くべきパワーを感じます。
ロープレ用の演技だろ、と邪道呼ばわりの批判もありますが、スタッフ達のレベルアップに対する情熱は紛れもなく本物です。
その情熱に後押しされて、ロープレ三昧の時期を乗り越えられるようなものです。
徒然猫
 

| コメント(0)

カテゴリー:

20130807_5202274086246.jpg

筑波駅前、黒い雲がもくもくと…、と思ったら、雨が降り出しました(>_<) 徒然猫

 

| コメント(0)

カテゴリー:

昨晩から筑波入りしました。
大阪ではとんと聞かれなくなったミンミン蝉の鳴き声がなつかしくて、クマ蝉のジーっの鳴き声より風情を感じます。
ところ変われば何とやら、地域の暮らしは同じように見えて、日々の感覚はたぶん変わるんだろうなと思います。
日本各地様々な土地を訪れることの多い仕事が楽しいのは、どこも同じではないことをふと感じる瞬間です。
商業施設がどこも同じになったのはいつからでしょう?一方で、地域特性強化や地産地消などの動きも確実に広がってきました。差別化などという大層な言い方をしなくても、訪れる人が求める感覚の違いに敏感になることは当たり前に必要なんですよね。 徒然猫
 

| コメント(0)

カテゴリー:

こんにちは。崎田ですwink

「売場のいろは=基本中の基本」シリーズ。

さて、第2回目は…。

何はともあれ、お客様の「目を引き付ける」ことがお買い物のスタート地点!!

AIDMAの法則の「A」(Attention=注目)からスタートする買い物行動・・・お客様に見ていただけなければ、お買い物へはつながりません。
さらに、注目度を上げると言っても、お客様は「記憶したいと思えるもの」しか見ていないというお話を第一回目ではご紹介しました。
インパクトがあること=派手なこと、とはまったく違います。
インパクトはあっても、お客様の好印象や好感・感嘆がセットでないと、記憶にはつながらないのです。

お店の個性やこだわりが感じられる演出には、空間の使い方にも工夫があります。
あるものを目立たせたい時に、周りに空間を作ることで際立たせるという方法です。
ついつい店頭に商品が山積みというシーンはありがちですが、
結局目立たせたいものが目立たないことは良くあることです。

実際の売場を確認してみましょう。

店頭には様々なディスプレイ、POP、ポスター等が演出されています。
7m程度離れた場所から一番目を引くのは何でしょう?
あるいは、目立つ(=記憶したいと思える)ものがきちんと存在しているでしょうか?

お客様が「見たいと思えるもの=記憶したいと思えるもの」が確実に存在するかどうかという点では、
トレンドや売れ筋情報、季節感や店の個性をどう伝えるかという各店の工夫が問われるのです。

ここで、ぜひ注意したいポイントは、以下の四つ。
①インパクト・鮮度の高いディスプレイ
②話題性や季節感の高いプレゼンテーション
③店頭でのメッセージ性の高いPOP活用
④明るさ、清潔感、適度な見通しのある店頭空間

特に、④の「明るさ」については案外見落とすことが多いので、しっかり検証してみて下さい。
店頭や壁面上部のディスプレイにはしっかり照明を当てることで、注目度は格段に上がります。

しかし、残念ながら最終的に見るか見ないかは、結局お客様次第といわざるを得ません。
「見る」か「見ない」かという二つの行動しかない…二択という意味で、
見ていただける確率は、なんと!)50%止まりです。
・・・この50%の確率を少しでも大きくするためのとっておきの秘訣は次回以降のお楽しみ。

寄り道② 「確率」というのは偶然の積み重ねです。
お客様の視線を受け止めるため、お店の場合は様々な工夫と努力によって、
店頭演出を毎日変えるお店は言うに及ばず、来店客の変化に応じて時間帯別に変えるお店さえあります。
そんな「鮮度アップ」の努力がチャンスを最大にまで引き上げてくれるはず・・・!
一方で数字上、目を止めて頂ける可能性は50%止まりというのも事実なんですよね。

ふむふむ、ある意味、お色直しというのも鮮度を高めて、魅力を感じてもらうチャンスを最大に引き上げる役割なのですね??「鮮度の高さ」を要求されると、ちょっと(かなり?)つらいお年頃なんですよねえ(T_T)

staff_ski.gif 崎田

| コメント(0)

カテゴリー:

「かゆいところはないですか?」

「温度大丈夫ですか?」

美容院でシャンプーをしてもらっている時にスタッフから聞かれるこの質問。

お客である私は「大丈夫です」としか答えたことがありませんでした。

でも、大阪のオバチャン・オッチャン・・・、もとい「大阪のミドル」は「右上がかゆい」だの、「顔に掛かっている布がズレた」だのと、美容院・理容院での注文が多いのですsign03

今から遡ること約10年前、私が福岡から大阪に移り住み、大阪の百貨店での初めてのお買い物の時・・・。ただでさえ人の多さにビックリしている私の心情も知らずに、入る店、入る店、スタッフさんのアプローチが早い早い・・・coldsweats01また非常にフレンドリーなのです。笑顔と大阪イントネーションに和まされ、プレッシャーはなかったものの、アプローチの早さにプチカルチャーショックだったことを今でも覚えていますsweat01

レスコでは全国のショッピングセンターで覆面接客調査をしていますが、立地やターゲットによってもアプローチのタイミングややり方は様々。転勤が多いという店長に聞くと「関西の中でも、大阪に比べると京都や奈良はアプローチが遅め」とかpencil
最近のスタッフさんの中には「スタッフからむやみに話し掛けない方が親切」と言う人がいます。でも果たしてそうでしょうか?お客様の中には困っている人や悩んでいる人もいるはず。

コミュニケーションの達人である「大阪ミドル」までいかないまでも、お客様の助っ人役として、

お客様への適切なアプローチ

から

スムーズなコミュニケーショ

につなげたいですねhappy01

旅行や出張先のお店で、「ご当地アプローチ」にプチカルチャーショックを体験するのも面白いかもwink

 

【アプローチのタイミング】 

・何度も同じ商品を見ている
・商品にずっと触れている
・タグ(プライス・表示等)を調べている
・目が合う
・スタッフを探している
・困っている・悩んでいる
・高い位置の商品を見ている 
・スタッフに近づく速度が速い
・内部や内側を見ている
・鏡に合わせて見ている
・ひとり言をブツブツ・・・
・ご年配の方
・プレゼントを探す男性
・たいくつな様子 etc
 
 コタイミングを逃さないコツは、お客様をさりげなくリサーチしておくことですflair作業に没頭していては逃しちゃいますよtyphoon

staff_hys.gif 林

| コメント(0)

株式会社レスコフォーメイション

カレンダー

2017年9月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

スタッフ紹介

崎田プロフィール
創業以来、レスコの母として、猪突猛進!!猪年ではないですが…年齢不詳ってことで。

林プロフィール
レスコの看板娘(?)。出産を経て旧姓「山田」から、気持ち新たに「林」として復帰!クライアント様からの「復帰待ってたよ~」の声を励みに、子育てをしながら仕事奮闘中!!