カテゴリー:

いよいよ大阪京都兵庫と愛知、福岡が緊急事態宣言の前倒し解除を国に要請するようです。この流れでいくと今月の末には解除となりそうです。マスコミでも煩く言うようになりましたが、解除はあくまでも緊急事態であって各自の感染警戒解除ではないことが重要です。

最近とみに感じるのですが、我国の国民の中に言葉の表面的な意味だけ解釈して、単純な行動に出る人が多すぎないでしょうか?これはどのような思考回路なのでしょう?これだけ情報が豊富になった国なのに。肝心の情報を自己防衛に繋ぐ人が少なすぎませんか?

宣言解除が即再び感染拡大の引き金になることを恐れるのは、多くの人々が宣言解除と聞いて見境なく出歩き、感染予防も疎かに喰っては喋る或いは燥ぐことに暴走するのを予測しているからなのでしょうか?ストレス発散と感染警戒と今はどちらが大切なのでしょう?!

ワクチンもまだ十分普及せず、勿論特効薬など霧の向こうの今、宣言の解除もGo toキャンペーンも感染拡大を懸念する意見が多く出されています。でもこれの解決は簡単ではないでしょうか?即ち国民すべてが感染警戒を維持すれば恐れることはないのでは?

| コメント(0)

カテゴリー:

若い人達をを中心にインターネットやSNS活用に主流が移ったと言われますが、さすがに地上波テレビは無料でマスコミュニケーションを強制的に一般に提供しているからか、結構国民の多くが地上波テレビの提供する情報に影響されている人が多いのに驚きます。

テレビは昔から自身で取材するよりニュースやワイドショウで提供するニュースソウスは新聞や大手通信社からが非常に多いので、報道するニュース自体の信憑性はかなり高いものが多いと考えます。しかし同じような内容を各社が報道しているので変化が無さすぎます。

加えて最近は製作費が大幅に少ない所為か、地上波テレビ各社は日中は長時間のダラダラニュースワイドショウであまり役立たない方のコメントを挟み時間潰しを行っているのが見え見えで、夜は若者向けのドラマかお笑いクイズ番組と芸人トークショウで埋め尽くされています。

各地方局は在京のキー局とかいわれる局の制作番組をリレーするだけで製作費を節約しています。であればもう少しキー局にコメンテイターが在京の範囲でコメントする薄さを解消する要望を出されては如何か?昨日も今日もコメンテイターが東京向けのコメントや個人的な薄っぺらなコメントを堂々を主張する姿は、明らかに見識が狭くその後の悪い影響を考えると少々危険性さえ感じます。皆さんは如何?

| コメント(0)

カテゴリー:

あだ名禁止が文科省の指導で全国の小学校に通達されたようです。この禁止令は私の理解ではいじめの一部であり、いじめが起こる切っ掛けの一つということで発布されるそうです。あだ名はその人の人間関係を表しています。あだ名を全面禁止にすることの功罪は?

あだ名って良い人間関係の場合親しみが増幅され、さらに良い人間関係を築きます。しかし、悪い人間関係の間で使用されるあだ名は確かにいじめの一つであることは間違いないと思います。商業の現場でもあだ名が飛び交う場面をよく目にします。あだ名は人間関係の現れ?

商業の現場では基本的に本音での良い関係で発するあだ名と、気遣いや忖度で使用されるあだ名があります。いじめに繋がるあだ名は現場では殆ど使用されていないと認識します。しかし職場でも陰口でのいじめに繋がるあだ名は確かに多いのが事実です。

今でも多いと聞きますが義務教育の間に、名前は「さん」付けを徹底している学校が急増しているとか!?これっていじめの防止には効果的かも知れませんが、人間関係を希薄にすることも事実です。小さなころから人間関係までソーシャルディスタンスを導入とは、文科省と多くの学校の先生方は怠慢と呼ばれないのか?法などで簡単に片づける前に、学校がやるべきことがあるのでは?

| コメント(0)

カテゴリー:

人間って不思議な生き物ですね?!昼でも空が曇っているとなんだか気分も沈んでしまいがち。今日のように御日様が燦燦と輝くとなんだかどこかへ出かけたくなるのびのびとした気分で、何事もポジティブな思考になり、曇りや雨は何もかもネガティブになります。

これってサルの一種だった時代からの遺伝子なのでしょうか?先日の福島界隈での大地震の際もテレビのニュースで、一人暮らしの数人の若者たちが近所だからと道路わきで集まって地震や街の様子を観ていました。人間はやはりいざという時は群居欲が働くのですね!

COVID-19で人と人の三密は避けましょう!と言っても非常事態時には、本来人は集まり皆で一緒に居ようとする。地震が来ても家族と集まり、会社の仲間と集まることが安心を感じる。三蜜を避けることは人間として実はとても難しいことを要求されているのですね!

非常事態宣言で人と人が引き離されるなど、自然の心理とは真逆な要請です。外出も制限されてはストレスが溜まるのも当たり前。もしかするとこのコロナ禍は世界大戦より過酷な事態を私達一人一人に覆い被せているのかも知れません。早くコロナ禍から抜け出たい。

| コメント(0)

カテゴリー:

オリパラ大会組織委員会会長の選考についていろいろ議論されていますが、誰が選ばれるか大衆向け興味本位の予想ゲームは止めて、じっと組織委員会で行われる会長選出の結果を待ってはどうかと私は思います。この件は先日も書きましたが適材適所が最も重要。

日本は男女平等ではなく公平で行かなくてはならず、この点でも現在の我国のあらゆるリーダーの思考は遅れていると言えるのでは?しかしこれまた敗戦時の日本みたいに、欧米を先進国と崇め自国もこれに従おうとする。結局いつまでも欧米は先進国で私たちは後進国。

もう一つ我々が大変なことに気づかされたのが、先日の福島沖大地震。揺れは大きく長かったものの、死亡者が出なかったこと、津波が発生しなかったことは不幸中の幸いと言っていいだろう。阪神大震災以降やたら大きな災害が繰り返される。私たちの備えは大丈夫?

地球温暖化を悲壮な顔して論ずる方も多いが、1万年単位で見た場合地球は氷河期に向かっていて、火山の大噴火が起こると地球は一気に低温化すると論ずる学者もいます。いずれも起こってもらっては困る事態です。がしかし私たちはこれを乗越えなければなりません。

| コメント(0)

カテゴリー:

明日14日は誰もが知っているバレンタインデー。我が国ではこれまでのバレンタインデーには好きな男性にチョコレートを送って自分の気持ちを伝える日となっていました。これはチョコレートメーカーが1900年前半に商売の販促として広めたことは誰もが知っています。

しかし昨今の中学生は「告り逃げ」といって、夏休み前日や卒業式前後に好きな人に気持ちを告白して、返事は傷付きたくないから返事の前に逃げ切るというのが定着しています。バレンタインデーのチョコレート離れは驚きですが現実です。世の中は常に変わります。

確かに本命チョコは消え去り義理チョコも先細り中。しかし商業上の販売促進で私たちの生活に年中行事の一つとして定着したものは数え切れません。勿論バレンタインデーのチョコの変化のように、長期短期は別として商業環境はある程度の周期で大きく変化します。

商業環境は我々のlifestyleの変化に伴って変化し、新しい商業がまたlifestyleを変えると言って過言ではありません。商業と人々の生活は常に変化を続け、少なくとも商業は年中人々のhappyを作り続けています。即ち商業は「幸せ提供業」と言えると私は思っています。

| コメント(0)

カテゴリー:

女性蔑視は性差別、オリパラ組織委員会会長交代劇では年齢差別、差別を意識し始めると様々な差別問題が浮上します。今回のオリパラ組織委員会会長交代劇も結局差別問題が引き金になり、挙句次の会長に指名された方はご高齢で男性が問題となりかけている。

私も次の会長として名前が挙がっている方のお年を観て愕然とした。確かにこの方は遥か昔Jリーグの立ち上げで一躍有名になられ、この功績に留まらず、いくつかのスポーツに進化の功績を残された方で、私もある種馴染みも期待もあります。しかしこの時代に世代が・・

問題は年齢自体が問題ではなく、その人の世代がオリパラの精神に上手くフィットできるかが最大の問題です。私60代は60代の世代としての思考や価値観、感覚があり、80代は80代なりの思考や価値観、感覚があります。そしてこれはそう簡単に打ち消せません。

男性と女性では根本的な肉体的違いはあり、これを誰も否定することはできません。年齢は年齢なりの教育の影響とキャリアがあり、これまで生きてきた環境からの影響もあります。これらの背景を考えると全面的に否定的にはなれません。しかし適材適所の観点からオリパラの組織委員会会長に相応しい方を、どんな強固な柵も乗り越えて選出して頂きたいものですね。

| コメント(0)

カテゴリー:

何故か今日の街中の交通量が明らかに少ない。これは緊急事態宣言が延長されただけの影響でなさそうです。何故なら確かに緊急事態宣言で飲食店の時短営業や店内の客席対策及びgo toの中断など、その具体的要請等への反応として新規感染者が減っているのは事実です。

しかしここへきて一気に人手や新規感染者の減少はこの緊急事態宣言だけでなく、各自が徐々にせよ後遺症の恐ろしさや重症化の恐怖を、マスコミの紹介が頻繁になると同時に心理的影響を及ぼしてきているのしょう。結局誰もが我が事になれば人は動き出す。

これだけ世間があおり運転を騒ぎ批判し法整備が進んでも、いまだに無くならず昨日逮捕者がまだ出るほどです。COVID-19も同じような推移を辿るのでしょう。結局COVID-19の新規感染者はどこまでもゼロにはならないのではないでしょうか?変異も続くでしょうし。

これまでのインフルエンザ等と違い、意外と社会や私達の生活を大きく変貌させ続けるのでしょう。当然経済活動も大きな変貌を重ねビジネスモデルも働き方も大きく変わってゆくのでしょう。それはこの地球上で誰も想像つかない世界へ進むのでしょう。AIやロボットの進化ではなく商業への進出普及でなく、私はこれからの商業の中に人の働く場所と働く内容をどう残し続けるかを考え続けたい。

| コメント(0)

カテゴリー:

今日は「建国の日」国を建てた記念日と制定されています。私達老人は制定された祝日はその制定の趣旨や記念とする意味を各自がしっかり勉強又は認識するための日と教えられた記憶があります。それにしても我が国は○○の日という記念日が多すぎないでしょうか?

私の車はエンジンを掛けると同時に、カーナビゲーションが「今日は〇月〇日 〇△◇の日です!」とほぼ毎日のように告知してくれます。確かに日々参考にはなりますが、信号待ちでぼんやり告知を頭で繰り返すと、ほぉ・・!、しかしそれが何?」と繰り返します。

最近中国が我が領土である尖閣周辺で何度も領海侵犯を強行しているそうです。自衛隊も憲法などに縛られて、十分な防衛力が発揮されていないとか!COVID-19も世界的有事に近い状況ですが、新型コロナはじめ疫病に対する備えが国としてお粗末だと指摘されています。

今更ですが国民みんなで建国の日を良い機会に、何らかの有事に備える国のあり方をしっかり考える必要は無いのでしょうか?COVID-19に対しても世界的には被害が小さいとされていますがこれも有事。みんな真剣に自分たちの有事について考えた方が良いのでは?

| コメント(0)

カテゴリー:

世界や我が国の現状を観ると株価が上昇を続けているのは素人の私には理解できません。おそらくその道のプロ集団がメインを司っていらっしゃるので、株価が高騰するのは根拠か狙いがあるのでしょう。年寄りにはバブルの記憶が呼び戻り一際怖さを感じます。

この世のビジネスはどんなものにも大なり小なりリスクは伴いますよね?!いわゆるお金が絡むビジネスには形や内容は違えども皆ギャンブルです。そんなことは老若男女、子供で無ければ誰でも承知していること。しかし今この高騰に目を付けて若い人々が参入しているとか。

若くして投資に回せるお金があるなんて羨ましいかぎりです。ただかつてのバブルを映画や小説・漫画で知っていても、体験していない若い層が投資を懸命に勉強し、実際投資に足を踏み入れている姿は怖くて観ていられません。放っておけば良いのですが・・・。

私みたいな大阪の零細企業経営者は借金に追い回され、追い込まれ首を括るのが相場ですが、今投資の世界に新たに入って行く若者たちに私は一言送りたい。それは今この世はAIやロボットなど先端技術が目まぐるしく進化して、人間は「楽して儲ける!」へ突っ走っているようですが、「楽して儲ける!」なんてことは無いとは言いませんが、「世間はそんなに甘くない!」かもですよ!

| コメント(0)

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年2月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28