生皇太子

カテゴリー:

4月23日金曜日

昼下がり、青丹よし、奈良の都は・・・の都大路を現場に向かっていると、景色がいつもと違う。大路の所どころに人溜まり、集団によっては手に手に日の丸を持っています。すると突然対向車線から車の姿が消えました。そういえばなぜか要所要所にいつもより多い警官の姿も。私の車の前に突然警察官が!「すみません!5~6分で終わりますので、対向車線を皇太子が通られます。しばらく車を止めてください。この車はセンターライン側ですので、窓も閉めていただいて、できれば写真もご遠慮ください。」えっ!!こっ、皇太子!?そういえば昨日のテレビニュースで平城京に入られて、視察されたとか・・・。すると間もなく前方から大量の赤色等が派手に見えてきた!白バイ、パトロールカー、覆面パトカー、機動隊のバスなどなど物々しい一団がやってきた!その中央部の大きな黒塗りの車が何故だか私の車の横へ速度を落として近づいてきた!! わっ!テレビで見たことある、あの高貴な男前は?!なんと!生皇太子だ!!私の横約3mに皇太子が!速度が落ちている所為か、皇太子と談笑している横の男性とSPが真横にいる私に鋭い視線を向けている。思わず緊張。たぶん一生一度の体験かも・・・

今日もここのところすっきりしないお天気の続きで、雨は降っていないが厚い雲が奈良盆地を低く覆っている。しかしその一方でなぜか空気は澄み渡り、雲が垂れ込めている割に奈良盆地の全景がすっきり鮮明に見渡せる。不思議な景色が私を包む。現場からの帰り、厚い雲のせいで青白く染まっていた奈良の都に、温かい橙色の鋭い夕陽が放つ鮮烈な模様。その幻想的で言葉にできない鮮烈な美しさ、そして心温まる陽ざし。帰阪までの一時間程度の間に私はロマンチックな気分に陥り、やりきれないくらい人恋しくなってしまいました。

人は日ごろ虚勢を張って生きることが求められているとか、強く生きることが必要なのだとか、強くなければ生きていけないとか、何かと強がることを自分に強制しようとしますが、それは人間が弱い生き物であることの裏返しなのでしょう。「群居欲」動物の三大本能といわれるものの一つです。群れていようよ、一緒に居ようよ、常に繋がっていようよと望むことです。

人恋しくなること、自分の社会的立場や身分はさておいて、自分が好きな人、自分にとって大切な人を恋しく思うこと。それは男女の関係にとどまることなく、人間として極自然な心情であり、実はこれこそ人を思いやる原点ではないでしょうか?仕事でもお客様や仲間に優しい気持ちで接することも人恋しく思うことに通ずることであり、公私共に常に人を恋しく思う瞬間を大切にしたいものです。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31