簡潔に

カテゴリー:

5月21日金曜日

日ごろ気になって仕方ないことを人から言われるとドキリ!とするものです。昨日九州の友人から「ブログの文字数が多すぎるよ!まじめに書こうとしすぎじゃないの?」と的確な助言を頂きました。確かに日ごろ私自身が社員に向かって事あるごとに「文字文字させすぎるな!文字が多いと読んでもらえないぞ!内容以前の問題になってしまう。」などと一喝している自分のブログの文字が多すぎる。正直まずいまずいと気にしていました。

相手に気を遣えば遣うほど言葉は多くなる。相手に伝えたい思いが強ければ強いほど話がくどくなる。自分に自信が無い人ほど言い訳が多くなる。どちらにしても言葉が多くなるときはあまりいい状況やいい状態ではないといえます。しかもこれが口述ではなくて、記述となると目から入る第一印象が、「面倒!」というイメージになり相手も最初から読む気がしない。文章は読み手がないと書かないのと同じです。

最近一般化した携帯などの絵文字とは手短な文章に気持ちを伝えるためや、文章のインパクトをソフトにするため使用されることが圧倒的です。最近は文章なしで絵文字だけでコミュニケーションが成立するケースもたまにありますが。不用意に文章や言葉を切り詰めると誤解を招いたり、言葉に角が立ったりします。特に私のようにボキャブラリーが貧困な人間は日本語の表現が苦手ですから。

また、今日も文字が多くなってしまいました。五十半ばの老おっさんがブログなどと未知の世界で頑張っていますので、どうかもう少し作文がうまくなるまで辛抱してね!

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31