魚群行動症候群

カテゴリー:

7月1日木曜日

「セール打つのはみんなで一生懸命やっているが、肝心のマグネット店舗が集客力アップしていない状況では・・・」とある駅ビルの役員様のお言葉。私がサラリーマン時代を含めて三十数年間テナント様のお口から聞き続けたお言葉の一つがこれの類です。何のためのキーテナントなのか?何に期待してマグネット店舗が誘致されているのか?と考えれば極当然といえば当然のお話です。しかし・・・

この駅ビル様は京阪神のほぼ真ん中に位置し、周辺に巨大且つ最新型のSCが林立するある意味商業の激戦区にあります。このような激烈な環境に立地する商業は全国各地に存在します。そのような中にあって、どの施設(SC)も同じような形態で、同じような顔ぶれで、同じような時期に同じような販促を展開しています。これもある意味現代の商業理論に則って開発され、運営されている商業施設ですから何処も誰も間違っていません。

でも、本当に立地も規模もテナントの顔ぶれもその数も違っている施設が、互いに競合相手を意識しすぎて同じようなことをやっていることに矛盾は無いのでしょうか?日本のサッカー代表チームも最初から負けるために南アフリカまで行ったのではないはず。試合の前夜に盛んに相手のチームの長所弱点を分析して、さも勝つに決まっているごとく解説の嵐がありました。

私達商業者も競合相手を冷静且つ的確に分析し、その弱点を突く戦略とお客様にその意図がしっかり伝わる戦術を展開すべきなのではないでしょうか?みんながセールをやるというから、自分もこの期間にやるぞ!は自殺行為かも知れません。みんなが値引き合戦するから、我々も出血サービスだ!さぁみんな続け!は一億総玉砕のあのシーンにダブりませんか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31