九州で学んだこと

カテゴリー:

8月3日火曜日

毎回九州北部をウロウロするとき、車の中で可能な限りFM福岡のラジオ放送を聞いている。何気なく聞いていると、FM放送といえども関西や関東に比べて、音楽よりトークが多い。関西や関東ではあまりトークが多い番組になると、思わず他チャンネルに変えたり、CDなどに切り替える。しかし、FM福岡はいつもは敬遠するトークに、逆に期待している自分が居る。

FM福岡の放送が全てそうだとはいえないと思いますが、平日の朝から夕方までの番組で地元制作の番組は面白い。特に聴取者からのお便りの紹介や、DJの私生活を題材にした話題、そして、DJと聴取者が電話でジモティーな会話は聞いていて面白い。勿論DJ自身も良く笑う。それだけお便りの内容も、自分達がしゃべっている話題も面白いのだ。

関西の笑いは関西芸人の全国的台頭で全国的レベルで広く認知されるようになった。しかしその関西の笑いとは違う種類の笑いがこれらの放送にはある。簡単に説明すると、関西の笑いはさんまのように強引に嘘でも何でも笑いを作ったり、自分の回りの人間を笑いものにして強引に笑いに引き込む種類ではなく、何気ない日常生活の中に思わず微笑んだり、笑ってしまうネタを拾うところが大きく違う。この笑いは本当に気持ちがよく、清清しささえ感じます。

少し大げさだが、九州人の特徴を昔からいろいろ言う人があるが、私は九州人は奥ゆかしく、控えめで、それでいて自分というものはしっかり堅持する。その上で明るく生きようと常に上を向いていると感じることが多い。私は九州の人が大好きだ。経済的に九州は今非常に厳しい環境に陥っている。でもみんなそんなことに負けずに、それぞれ現実を全てポジティブに捉えて明るく健やかに生きようとしている。みんな知っていたかい?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年6月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30