日本の流通とものづくりの必須条件!?

カテゴリー:

1月30日日曜日

寒い!今日は天気予報通り、極寒だ!手足は冷えるし、風は冷たい!先週の終わりに面談でお会いしたファッション関係の店長さんがポツリと口にした言葉。「今年のこの寒さ、衣料が売れて売り上げ活性化に繋がってくれるといいなぁ・・・」

寒いから衣料が売れる?!今の時代に本当かな?確かに者が無い時代ではないだけに、寒いから衣料が売れると直結するのはちょっと時代遅れかも・・・。しかし、寒いと確かに衣料品が動くはず。「寒いから、今年はちょっと買い換えてみるかなぁ~」っという購買理由や購買動機。

安い衣料品が近年売れるのは、持っていない衣料品を気軽に買えるようにするためではなく、安かったから持っていないわけではないけれど、まぁそんなに贅沢な購買にはならないから・・・。という言い訳が購買を促す理由といわれる。

ただ、安く売るために商品の品質や昨日を落とすのは今の時代購買者は認めない。日本の市場が安いけどお粗末という商品を認めないことは、日本のものづくりにもいい影響を今後も与え続けるだろう。品質が高く、ありがたい機能が豊富である商品。それが流通に勝ち残る第一の条件であり、世界に生き残る日本のものづくりの秘訣ではないだろうか。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31