首都の呆れる人々

カテゴリー:

4月11日月曜日

今日は日時上あの震災からちょうど一ヶ月経ったとマスコミはいう。確かに閏だの一ヶ月は31日と30日と・・・の各種バージョンがあるなどと言い出すと切が無い。まぁ言葉尻もちょうど一ヶ月を経過して・・・とかの方が格好が良いだろう。

それはさて置き、いまだに首都のみんなのリーダーは現場視察にのこのこ出かけている。ハンドマイクを持って何をしにいっているの?慰問なら天皇陛下がちゃんと済ませてくださったのに!肝心のやるべきことは何もやらないで、こんな国家の非常事態にパフォーマンスしか出来ないリーダを私は見る度心で泣いている。

今朝有名な朝のワイドショーで、お馬鹿なコメンテーターが、この夏の節電のため思い切って大手企業の皆が一ヶ月ほど有給で夏休みを取ればいい!とのたまった!!真面目で立派な評論家らしい・・・この夏には心配しなくても東京をはじめ東日本の第二次産業は挙って瀬戸内海沿岸を中心に西にシフトが終わっているさ!節電なんて必要なくなっているさ!同時に首都は古都と変貌しているからますます心配ないさ!えっそれが嫌なのかい?

バブル崩壊後の経済の萎縮でテレビは地方局が極端に力を失い、東京のキー局が全国版の大半の番組を制作している!これが今回日本全体を暗い方へ暗い方へ引っ張っていると言って過言だろうか?同時に東電はじめ首都で仕事し、暮らす人々は日本を見下していないだろうか?日本はあなた達を中心に動いては居ません。それに自分たちの地位と名誉を固守するのは今やるべきことですか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31