自覚

カテゴリー:

4月12日火曜日

昨日の夕方久しぶりにどこか寂しい気分に苛まれた。周りに人が居ない寂しさではない。偶然ある会合の集合写真に写っている自分を見て寂しさを感じた。今更気づいたわけではないが、やっぱり私は小柄な貫禄の無い爺さんである。

老いて、ともするとお荷物になりがちな今でも、会社の責任者として現役を続けさせてもらっているが、この会社を起こして間もない頃は、仕事仕事で仕事以外の何らかの人の繋がりも持たず社会奉仕もせず、全て自分の好きなようにやっていたのでそれなりに職場では勢いがあった。常に御山の大将でも居られた。若かったというのも勢いの一つだったと思う。

生まれつき体は小柄で、比較的胃腸が虚弱だった私は全身痩せ細った体型で、過保護に育てられたんだと今更悔やまれる。その所為か、体力腕力走力泳力など運動能力もあまり無く、ひ弱で気の弱い引っ込み思案のアホボン(関西弁で馬鹿なお坊ちゃま)という言葉がぴったりだった。今でも恐らくそう感じている人も多いだろうが・・・

それが一つの事業を起業して、そこそこ軌道に乗せると、俄然自分は「出来る男」と自分で錯覚してしまい、何事にも天狗になっていた。だがしかし、こうして結局50年間何も変わらない自分の体型と人間の迫力の無さを観て、やっぱり大したこと無い人間なんだなぁ~っと自分の実態に引き戻された。人間って、自分を外から正確且つ客観的に観て、初めて自分を知るのですね。老いも、鏡や写真を見て自分に言い聞かせてゆかなくては・・・

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31