甘えの国

カテゴリー:

4月17日 Vol.2

今オフィスの眼下に、けたたましくサイレン鳴らしたパトカーが来た!窓から覗いてみるとスウェットに安物のダウンベストのおばちゃんと、上下スウェットの40代くらいのおっちゃんが大声で口論となっていた。

どうやらそのおばちゃんとおっちゃんの自転車が衝突したことから始まったようだ。そしてパトカーが来た原因はおっちゃんがうるさく騒ぐおばちゃんに切れて、事もあろうにおばちゃんの胸倉を掴んだようで、これに興奮したおばちゃんが携帯電話で110番したようだ。

自転車の衝突と言っても、人身事故でもなければ、自転車が壊れる物損事故でもないようで、単に驚いたおばちゃんが大声で騒ぎたて、これにおっちゃんが触発された!ということだ。なんて大人気ないトラブルだ。

大阪人は・・・っと馬鹿にされる材料がまた一つ増えただけかもしれないが、救急車をタクシー代わりに呼ぶ都会人、ゴキブリが出たと110番する日本人、ちょっと大声で騒がれたからと相手の女性の胸倉を掴むおっさん、自転車が出会いがしらにぶつかったと大騒ぎしてパトカーまで呼んで騒ぎを大きくするおばちゃん、なんか日本人の辛抱や思いやり、謙虚さが喪失されてしまっていませんか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31