団結力と行動力

カテゴリー:

4月23日土曜日

この度の大震災で阪神淡路大震災から再び確認できたのが、国民の団結力と行動力だ。総理も内閣も実質的にこの非常時に何も先手を打てない。いや打たない。護身のために何もやらなければ何も生まれず、結果周囲の評価は下がる一方となる。それが国のトップは分かっていないのか?

この2週間西日本のSCの研修などは、震災前と同様いやそれ以上に活発になっている。テーマは二つに集中している。販売力の元気アップと防災防犯研修である。多くの人が被災していない地域や国民は、弔意を示すためおとなしくしていた方がいいと考えがちだが、ここは逆に元気に活発な経済活動を行わないと、日本の経済が大きく間接的な被災に遇う。

私自身ここ数日研修の講師に行って痛感するのは、このような事態に商業者はどのような態度を取るべきかという戸惑いと、元気を出して皆を元気な生活に導きたいという思いの板ばさみになっているということだ。

いつまでも喪に服することは人間生活に大きなマイナスであることは太古の昔から知られており、宗教によって違うが、喪明けを誰もが設定している。今回の震災も謹慎や自粛から解き放ち、現在生かされている我々は、将来のために震災前以上に元気に明るく暮らすべきであろう。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31