スーちゃん逝く

カテゴリー:

4月26日火曜日

また同じ年の人が逝った。彼女はがんと向き合い壮絶な逝き方だった。私も不治の病を持つ身なので、なおさら他人事のように受け流せない。人は自分の死と向き合ったとき、そこから何かが大きく変わるようだ。私も現在の持病を発病してから何かにつけ感受性が強くなったように自覚している。

私は「人生 プラスマイナス ゼロ」という哲学を、発病以来、頭に強く持つようになった。「人間は皆平等。人は皆公平に扱われなければならない。」と人々はよく口にする。しかし今回のスーちゃんの亡くなった報道振りと、東日本大震災で亡くなったり行方不明になられたりした方々との報道の扱いは明らかに違いすぎないか?

亡くなっても殆ど報道されない方々を軽視するつもりは一切ない。かといってスーちゃんなど有名人の亡くなられたときの報道を批判する気もない。ただ言いたいのは、これで誰にもマスコミの発信者の世界は非常に狭く、偏りが激しいということが見えたであろうということです。

これまで私達より若い世代の人々はテレビやラジオに非常に強く洗脳され、人生や生き方まで大きく影響されてきました。しかし、その中身は極限られた世界の非常に偏りの激しい人々が、その世界を創り動かしていたという非常に恐ろしい世界であることが明白になってきました。私達がこれからマスコミに接するときに考えなければならないこと。それは冷静な目や頭でマスコミの情報を受けなければならないことです。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31