空(SORA)と気分

カテゴリー:

5月21日土曜日

今日は朝から福岡から大阪への移動日。ここ数日の気持ちよい晴天は今日も続く。最近晴天の日も黄砂であまり爽快な気分にはなれなかったが、今日は黄砂も目立たず高速を取り囲む山並みも気持ちよい新緑を見せてくれている。

人間はやはり地球上の一動物だと痛感する。それはお天気が良いときは気分も良く、思考も何故か前向きになりやすい。雨天時は逆に気分も重く、思考も後ろ向きになりがちです。人間ももともとはサルの一種だった歴史が、こんなところに遺伝子に残されているのだろうか?

そんなことを考えていると、お天気だけではなく、気分も思考も時間により影響されがちです。即ち空の様子により大きく左右されている。明るさを増してくる朝は何故か気分も爽快で志向も前向きになりやすい。一方対照的な夕方は特に何か明確な原因が無くても寂しい気分が過ぎってくる。夜はなおさらロマンチックな気分に陥りやすい。

こうして考えてくると、人はやはり自然の営みと共に生きており、自然の変化や自然の力に逆らえない。大震災も人間の力では今のところ事前に回避したり、退避することはっ限りなく不可能に近い。だとすると日々気分が浮いたり沈んだりしながらも何十年も生きている人間。自然災害も人間である限り必ず乗り越えて生命を繋ぎ続けていくだろう。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31