最近のテレビ広告

カテゴリー:

6月18日 水曜日 先勝

最近のテレビで非常に強い印象を受けるのが、時代劇の古さと広告スポンサーが圧倒的に無店舗販売、またの呼び方を通信販売とでも言いましょう。

私は年齢の所為でしょうか、ここ3年ぐらい時代劇ばかりタイムテーブルを貪っては観ることが多くなりました。ところが、最近の時代劇はNKHの日曜20時の大河ドラマか、スケール小さなスタジオ録画の時代劇でこれも対して多くは制作されていないのが実情です。

時代劇の作成には非常にお金がかかるし、役者を主に京都に呼ばないと作成出来ないのがネックになっているとのこと。そういえば最近のテレビ番組は安っぽい高校の文化祭のようなセットで、安っぽい芸人が時間つぶしのような番組ばかりです。

広告スポンサーはサプリメントの通販が圧倒的で、なんだか広告を見ているだけで過食気味な胸焼けを感じる始末。

不景気を言い訳に、マスコミの提供するコンテンツはなんと劣化してしまったのでしょう。こんなことならテレビ局も今の半分にして、もう少しマスコミらしいコンテンツの提供に戻ってほしいものです。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31