東京だ!・・・

カテゴリー:

昨日は日曜日だというのに、ある協会の総会で日帰り東京出張。東京へ向かう時は二〜三日前からなんだかいろいろ周到な準備に入ってしまいます。その時の最も大切な事は、関東大震災に遭遇した場合に備え、如何に手軽に且つ十分な荷物を整えるかです。いつもの出張は大半が持病に関連したインスリンや、インスリンポンプの消耗材及びポンプ機器のいざという時の予備材を車に積んで移動しています。

私は阪神大震災以来今日まで東日本大震災、熊本大震災など約20年間で主要な大地震すべて体験(受震)しています。その関係か長距離出張する時は、出先で大災害に合った場合に備え、1週間はその場に滞在できるよう医療準備が必要です。しかし、日帰りとなると持ち歩ける荷物も限度があり、十分準備することはそれに比例して荷物が重くなり疲れがひどくなります。持病とはいえいつも出張は大変です。

昨日もいつも通り東京駅の人の多さに辟易しました。大阪駅、天王寺駅、博多駅などなど人がごった返す駅には慣れている筈ですが、この東京駅の人の多さは別格です。日曜日だというのに、仕事風の人も多く、東京の一極集中の弊害は目にも明らかです。乗り換えて有楽町に行くと、さすが日曜日を感じさせる小さな子供連れのファミリー客が列をなして東京国際フォーラムの中へ吸い込まれていきます。

このファミリー客の多さも別格で、誰か有名な人のコンサート以上の混雑ぶりを感じさせます。そこでふと頭をよぎったのが、この状態で関東大震災が起こったら皆どうするのだろうという事でした。如何に大きい東京国際フォーラムでもこの人数を許容できないのは言うまでもありません。有楽町の駅周辺も人で大混雑です。こんな東京人の多いところでよそ者の私はどこへ避難すれば良いのだろう?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31