コンビニエンス

カテゴリー:

最近マスコミでコンビニエンスの営業時間に付いて報道する事が増えています。一部の報道機関ではコンビニエンス イコール 24時間営業が当たり前のように言い切っているように聞こえます。しかし、全国各地を回っていると今日でもコンビニエンス イコール24時間営業とは言い切れないコンビニエンスも少なく無い。

今日コンビニエンスは社会の生活基盤としてのポジションを獲得しています。しかし、だからといって居住者の少ないところでのコンビニエンスの出店は短命に終わって、空き家に成っている元コンビニエンスも各地で見受けます。基本の基本ですが市場の無いところに商業は成り立たないのは周知の通りです。

ここ30年ほどで大型小売店はその盛況サイクルを終えつつあります。同時に24時間営業のコンビニエンスも激しい寡占化が誰にも明白な傾向となっています。一方で野党を筆頭に総理の足を引っ張ろうと、景気が良いのではなく、本当は景気は悪いと叫んでいます。こんな状況を見聞きすると景気って何だろうと考えてしまいます。

7ブン11ブンという有名な社名。私の若い頃それは朝7時から夜11時まで営業するのが語源と聞かされました。あれって嘘?って考えてしまう今日この頃。これからの社会生活の環境を観ると、24時間営業の店は特殊な立地環境の限られた店だけで、基本は7時から夜11時の営業で十分なのではないでしょうか?時代の先端をゆくべき商業。企業の規模に足を引っ張られるのは、NGTだけではなさそうです。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31