商業の本当の将来像とは

カテゴリー:

先日来マスコミでは新しい日本のリーダーのお考えを評価検討することでやたら賑わっています。その中の一つに我々が携わる商業に密接な関係がある事項が二つ。一つはコロナ禍で経済的大打撃を受け、経済がそして業界が一部崩壊の危機的状況を如何に立て直すか?です。もう一つは中小企業の生産効率向上のための合併策などです。ここでコロナ禍で瀕死の状態になっている商業をどう救うかです。

コロナ禍で打撃を受け続けている商業の救済は、補助金や保証金では焼け石に水状態で、まず人を如何に動かすかが最大の課題です。これは言うは易く、行うは難しです。もう一つの中小零細企業が日本は多すぎて世界でも非常に生産性が低い国であることです。確かに現状は世界と比較すると中小企業が多すぎて生産性が低いのは否めません。

しかし、生産性が低いから外国に倣って国内の多くの中小零細企業を、大きな企業にしてゆこうというのも、簡単に同意できません。現実に今国内でも大きくなっている小売業は殆どがデフレの波に乗って成功してきたと言えなくもありません。デフレの一番怖いところは利益率が縮小し、この損する部分を売上金額で補おうとするのが常道です。しかし世界が皆自己中の経済政策に走る今、大丈夫なの?

日本は逆立ちしても人口は劇的に増えません。最低賃金を上げれば合併など企業を大きくする方向へ走るという外人も居られますが、最低賃金を上げるのも限界はあります。それにいくら安くしても、生活や個人が欲しいと思う消費はそう簡単に倍増しない時代に入っています。加えてこのCOVID-19で生んだ借金も返さないといけません。私は新しい時代の商業の本当に目指すべきは、いかに利益を少しでも多く獲得する術を少しでも早く見つけて、企業規模より生産性より利益獲得率を上げる必要があると思うのですが如何でしょう?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2020年10月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31