Dignity(品位)を大切に!

カテゴリー:

今日本のマスコミで自国の国会より他国の大統領選挙報道で盛り上げっていますが、この報道を見ていて頭を過ぎったのが、下品或いは品位の無さがピークを迎えていないか?ということです。ヨーロッパではアジア人狩りが流行るほどCOVOD-19の再度の爆発的感染拡大が報じられている。これもCOVOD-19に対するストレスがピークを迎えているのだろうか?

選挙戦と言えども節操の無い暴言合戦。勝つためには手段を択ばず。儲けるためにも手段を択ばずを通り越して、人格品格さえ置き去りにされているのが世界の現状なのでしょうか?一方でそろそろインテリジェンス層を筆頭に、品格を取り戻そうとする動きがみえはじめまました。品格の無い言動は決して快適ではなく、面白いとはコメントされることが多いが、決して快適ではない。

商業に置き換えると、商業も今後は経営者から現場の販売スタッフまでこの失われた品格品位を日常に取り戻すことを考える必要が出てきました。一昨年から始めた都道府県単位での高等学校商業達人カップという商業の実戦スキル競技会で新しい時代の商業スキルを身に着けて頂こうとするものです。その中で最も注力しているのが、商品構成や新商品の開発で商業の今後の成否ポイントであることです。

即ちこれからの時代に売れる商品の企画はメーカーという立ち位置でなく、販売に主軸を置く商業という分野で行うことが主流となりつつあります。そこに必要なのは我が国もCOVOD-19の影響で、技術は一気に100年進みますが、人々の生活での経済尺度は200年逆戻りしています。即ちこれからの商業は品の良さ、品格のお値打ち感が主流で、ニーズを掴むためのリサーチは不要になっていくでしょう。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2020年12月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31