巡り巡りて我のため

カテゴリー:

ここ大阪では不要不急の外出を今月15日㈫まで自粛要請が出ているにも関わらず、腹立たしいくらい基本的な感染予防などをおざなりにしている人が多い。特に私は車での移動が多いためかもしれませんが、自動車に運転者一人乗車ならともかく、助手席又は後部座席に同乗者がいるにも拘わらず、マスクを着用していない車とすれ違うことが多すぎます。

一方でお年寄りの殆どは同乗者の有無に拘わらずマスクを厳重着用しています。車でのマスク未着用者の多くは、たまたまかも知れませんが若いカップルと中年男性です。今日も相変わらず全国で異常なくらいの新規感染者が増加しています。若いと感染しても重症化率が低いと言われるせいなのか、あまりにもこんな事態の時に、COVID-19を侮り過ぎではないでしょうか?

たとえ自分が感染しても軽症又は無症状で収まるとしても、感染が心配される時期に他の人に感染させる可能性は非常に高いはずです。すると自分の両親や祖母にはうつす可能性は低いのかもしれませんが、必ずしも自分の身内にだけ感染させる可能性など補償はありません。即ちこれだけ新規感染者と重症者が恐ろしいほど増加している時期に、大阪でさえこんな始末ですから、全国ではどれほどか。

ワクチンの話し等明日の希望に繋げるお話は多数報道されますが、今現実には我が国にはワクチンも特効薬も何も存在しません。COVID-19を侮って日常生活している人々は、自分が重症化したり、身内の方が感染して大変な事態になった場合、一体どう言うのでしょう?「情けは人の為ならず、巡り巡りて我のため。」の諺を「感染予防は人の為ならず、巡り巡りて我のため」と置き換えて欲しい。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年1月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31