あだ名と人間関係

カテゴリー:

あだ名禁止が文科省の指導で全国の小学校に通達されたようです。この禁止令は私の理解ではいじめの一部であり、いじめが起こる切っ掛けの一つということで発布されるそうです。あだ名はその人の人間関係を表しています。あだ名を全面禁止にすることの功罪は?

あだ名って良い人間関係の場合親しみが増幅され、さらに良い人間関係を築きます。しかし、悪い人間関係の間で使用されるあだ名は確かにいじめの一つであることは間違いないと思います。商業の現場でもあだ名が飛び交う場面をよく目にします。あだ名は人間関係の現れ?

商業の現場では基本的に本音での良い関係で発するあだ名と、気遣いや忖度で使用されるあだ名があります。いじめに繋がるあだ名は現場では殆ど使用されていないと認識します。しかし職場でも陰口でのいじめに繋がるあだ名は確かに多いのが事実です。

今でも多いと聞きますが義務教育の間に、名前は「さん」付けを徹底している学校が急増しているとか!?これっていじめの防止には効果的かも知れませんが、人間関係を希薄にすることも事実です。小さなころから人間関係までソーシャルディスタンスを導入とは、文科省と多くの学校の先生方は怠慢と呼ばれないのか?法などで簡単に片づける前に、学校がやるべきことがあるのでは?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年2月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28