無くなる業種業態は常に発生する!

カテゴリー:

昨日地上波テレビに大阪のあるバーのオーナーらしき人がインタビューを受けている中で、「宣言解除で8時までの時短営業を9時まで延ばすなどナンセンスで意味が解らない!」とやや嘆きのような憤慨のようなコメントを出していました。この人かなり追い詰められているなと即痛感しました。

しかし事業が追い詰められているのはバーだけでないことは周知されています。コロナ禍で商業者の多くが究極の事態に追い詰められているのは事実ですが、商業界にはこれまでコロナに関係なく常に長い歴史の中で業種業態の新陳代謝は起こり続けてきました。

時間の経過で人々の生活は変化を続け、これに伴い社会が変化し続けてきました。私が生まれて今日まで考えただけで、子供の頃にあった業種業態が今は影も形も無くなっているのが沢山あります。今はコロナ禍でその新陳代謝が急速に進んでいるだけで、無くなる業種業態は常に存在していました。

私が知るこの約60年間で無くなってしまった業種業態が沢山あるということは、コロナ禍で新陳代謝が加速していますが、そうでなくても商業の絶滅危惧種はあります。その際に社会に文句を言っても解決しません。商業の絶滅危惧種に入ったと悟れば全力で業種業態の変化を自分で起こす必要があるのです。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年4月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30