日本人よ何処へ行く?

カテゴリー:

今日午前0時でここ大阪は緊急事態宣言が前倒し解除された。そこで早速地上波テレビはミナミで時短営業要請に協力せず、いつも通り営業し続けていたアルコールを出す飲食店と、大阪の校外にある池田市で真面目に時短営業に協力したラーメン店を取材し紹介していた。

時短営業要請に協力せず営業をし続けていたお店の人間がこれまでと違い売り上げは伸びた!と自慢げな顔。おまけに時短営業要請に協力するか否かは各事業者の経営判断と豪語する。一方要請に協力し続けた人は、苦しいが協力する意味はあると言い、通常営業に戻してお客が来てくれたことを喜んでいた。

私は悲しい。時短営業要請の意味も認識せず、単なる経営判断と断ずるこのバカ。昨夜久しぶりに昔の金八先生を観て、教育の様変わりを嘆きたくなった。生徒は先生の指示や話を素直に聞かず、皆バラバラに好き勝手が横行。この延長線上が国や地方自治体の要請を平気で無視する戯けものになったのか?!

やはり日本人の誠意や真面目さに期待するのはこれが最後になるのかも知れない。世界で感染者が比較的少ないのもこの日本人の自主的協力意識が多少影響したと私は思っています。しかしこの先は何でもかんでも法整備し、命令に従わせるしかない国に落ちぶれてしまったのだろうか?寂しいのは私だけ?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31