本店はコロナってどこ吹く風?!

カテゴリー:

東京オリパラでまた女性に対する不適切表現と発言があったと、開閉式総合プロデューサー的人物が職を辞退しました。これもきっけけは週刊誌だそうです。問題な言動を起こす人間も人間ですが、この問題をほじくり出して、この緊急事態時に騒ぐ方も騒ぐ方では?

そんな記事を書くより先に、感染した時の怖さや感染予防がいかに重要か、そしてその感染予防の仕方でも特集で組んでも良い時期なのではないか?日本全国東京に振り回され、しかも日本全体の今を見つめることが出来ず、建前と都下の報道に辟易とするのは僕だけか?

確かに東京を中心に人口は突出して集中している。しかも建前で回っている。感染者増加がリバウンドに入っている。それでなくとも東京はかなりの人数で下げ止まりを見せる。当たり前!こんなに人が密集する街では感染の恐怖もマヒする。当然のことが起こっている。

しかしその一方で経済が必要以上に止まり、生活に危機を覚える人々が全国に広がっている。東京はいわば全国の頭的地域。そんなに簡単にこの経済危機が皆さんに伝わっているとは思えない。全国の支店で四苦八苦しているが本店はどこ吹く風のような実態はどうする?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31