蓬莱さん、感動をありがとう!

カテゴリー:

一昨日頃より夕方のかんさい情報ネットten天気予防の蓬莱さんが明日のお天気が良いので、宇宙ステーションが見れると予告しました。そして昨日18時54分から大阪の日暮れ空を見上げると、一等星程度の輝きで超高速飛行で南西から北西に向けて飛んでいるのが見えた!

確かに輝きだけを観ると他の輝く星と区別がつきにくいが、飛行速度が速すぎる。高度を飛ぶ飛行機か流星などとの見違いを考える人も多いかも知れないが、高度400kmでは流石に太陽光反射でも飛行機は見えない。ステーションの高度を考えるとあの速度は超高速。

先日犬を連れてウォーキングしていて、月を見上げてふと思う。何故月はあの何も支えていない位置で定期的に地球を回っているのか?何故地球は何も支えていないし、吊ってもいないのに、そして誰も回していないのに自転してほぼ同じところに浮いているのか?

地球の上の生き物は皆地球にへばり付いて生きている。地球以外にもこの広い宇宙には同じような生き物がいるかも知れないと人は言う。地球温暖化も一部の人の吹聴と言う人もいる。太陽光発電も問題山積で、脱炭素で火力発電も先細り。この先水素で電気を作れば?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31