コロナ禍で求人は様変わり?

カテゴリー:

今日で地上波TVにおける朝のモーニングワイドショウの幾つかが番組終了となった。この機会に時間潰しやお笑い芸能人の使い間違いの無い、観る価値のある番組が登場してくれることを期待します。と同時に集団の上に立って指揮監督する人の仕事の重要性を感じます。

さて会社の経営者であれ、店舗の店長であれ人を雇って動かす人にこのコロナ禍前の課題と今後の課題に大きな違いが発生しているように感じます。その一つがコロナ禍前の人手不足と今後の戦力不足です。これを一言で現場の人材不足などと簡単に言う人が居ます。

実はコロナ禍前の現場では人材を通り越して、頭数の人手不足が大きな問題で経営者や店長たちは人集めに奔走していました。しかし今後は機械で処理可能な仕事はこのコロナ禍の影響であえて人を必要としなくて済みます。問題はまだ機械ではできない仕事の戦力です。

即ち今後は人間が行うから価値ある仕事への人集めと人探しが、現場の大きな課題となるでしょう。逆にいうと機械で処理出来る仕事しかしてこなかった人々の失業問題も私は怖いです。これから必要とされる人は高度な理系か人間らしい臨機応変力か、人間としての感性が研ぎ澄まされている人を社会は求めます。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年5月

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31