老人に期待される若者の指導教育

カテゴリー:

大阪のビス関連の中堅企業に90歳の総務部員が居られる。テレビのインタビューに「エクセルみたいな便利なもので何でもできます!」手で作業するより便利便利!」と90歳が余裕綽々で応える。この方はこの会社の新人教育指導を担当しているという。おばあちゃん凄い!

90歳の方がパソコンを使いこなし、自分のひ孫世代に教育指導する。この人自身が凄い人物なのは間違いない。しかしそれ以上にこの世代の人がひ孫世代を教育指導することに私はふと明るい光を見た!母に育てられた私にとって、その世代の人が今の若者を指導することの適切さを感じる。

人を指導教育するのに学校の勉強を教えるのではなく、今若い人に躾をしっかり伝え教えることの大切さを感じていた。この人の教えや躾は時代遅れと誰も言わないことにもホッとした。私の両親、祖父母の躾や教えは今も私の中でしっかり私を支えてくれている。

その他定年後73歳で家電販売店のスーパーコンシェルジュを勤める方も紹介していた。この人の雇用価値は商品知識が非常に豊富でお客様のご相談に応じてトップクラスの売上を誇るとのこと。私が老人なので思うのかもしれないが、この先ますます老人の力が必要では?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年4月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30