辛抱できない市民が悲しい。

カテゴリー:

関東には大陸の某国家のように自治区があるのか?江の島のそこかしこには人がぎっしり集まり、これが緊急事態の国か?と現実が恐ろしくなる。一方多大な感染者を出している大阪では連休後半の道路にファミリーカーが急増し、社内ではマスク未着用があたりまえ!

地上波TVではかなり少なくなったが、遠い国の難民や戦争をさらに暗い雰囲気で語る民放の番組が1~2生き残っている。これほどまでに身近に迫っているコロナ感染の危機すらこの状態なのに、遠い国の悲惨な状況や哀れな状況を感じ取る人はこの国に今多くいるのか?

あまりに辛抱が出来なさ過ぎる人がこの国には多くなり過ぎていないか?人は生まれてからその後の人生を構築する感性や情報・知識を得て育つと言われている。ではこのような我儘で勝手し放題の市民を生んだのはどこに問題があったのか?これは問題ではないのか?

老人の私には勝手な行為を有事に辛抱できない人間は、これまで周囲と社会から甘やかされ、過保護に守られてきたとしか見えない。我が国も遂に法律で雁字搦めにしないと、国民は足並みが揃わない人種に成り下がったのか?誰がそんな教育と躾をしてしまったのか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年6月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30