変わらぬモノづくりのポイント

カテゴリー:

昨日夕刻NHKの全国放送ニュース番組に私が登場した。と言っても1時間ニュース番組の中の1コーナーにほんのチョイ役で出ただけです。それも仕事で出たのではなく、持病とコロナ禍の関係についての企画コーナーでした。地上波TVはこの30年の中で数回出演したが。

全国放送はやはり一味違う。しかもNHKです。5月の後半に3日ほど述べ18時間の収録があり、その中から編集して頂いて6分程度の登場でした。インタビューも比較的これまでの経験に比べるとかなりの時間収録されました。放送を観て結果的に何となく私の役割は果たせたように思います。

地上波TVと言えどさすがにバラエティーではないので、放送までの制作プロセスでかなりの労力が必要であることを実感しました。やはりモノづくりはどの世界でも同じところがあり、手を掛ければ掛けるほど良いものができることを久しぶりに実感したのです。

インターネットやSNSなど新進気鋭の通信技術に地上波TVは押されていると言われていますが、それは誰に何を伝えるか或いは訴えるかがキーポイントで、単に便利とか簡単とかでその優劣が決まるものではない。くだらない時間潰しの番組ばかりではなく、これからはもっと視聴者に役立つ番組を増やして欲しい。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年6月

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30