この先も当分油断禁物かも

カテゴリー:

このままオリパラは開催される空気が漂ってきた。ワクチン接種も順調に進み始めてきたようだ。ワクチン接種や緊急事態宣言の良し悪しを論ずる地上波TV番組も一向に減る気配が感じられないが、人流が抑えられ、これと言ったマスコミの話題が激減しているからか?

オリンピック開幕と合わせるように世間は活気づいてくる気配を感じます。世間が活気づくのはとても良いことですが、喉元過ぎれば何とやらでコロナの感染予防などどこ吹く風になることが怖い。商業施設はじめ多くの人が集まる施設での感染予防は引き続き必要では?

インフルエンザなどこれまで出現した疫病の例を観ても、危険性の低下はあるもののそれぞれの疫病が完全消滅するにはかなりの時間を要しています。即ちコロナも危険性の低減はできても、近い将来にこの世から消滅することは当分ないと考えるべきでしょう。

旧来より私達の周辺に存在している疫病に比べ、コロナはまだまだ得体が知れず警戒すべき疫病かと。だとするとワクチンの普及や全体免疫力成立等医学的成果は出ても、まだまだ公私ともに感染予防の意識と生活習慣及び空間環境の整備は尽くすべきかと思われます。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年7月

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31