上辺で踊る人間では居たくない。

カテゴリー:

コロナ禍で日本全体が大きく様変わりし、この先我々はどのような新しい生活がスタンダードなのか?計り知れない。同時にTOKYO2020オリパラでの競技も様々なドラマが早速あちこちで展開しています。有名な選手が予選墜ち。一方で比較的無名な選手が金メダル。

先般相方が問題を起こし二人の漫才師がソロでラジオ・地上波TVなどで大活動している。この芸人は以前から鼻高な言動と人々を喰った発言であからさまに世間知らずが露呈していた。今日も調子にのって鼻高の発言を連発。この鼻も近く大きく折られる気がする。

どの世界でも人格が低いといかに優秀なスキルを持っていても、必ずいつかゼロに戻る清算を余儀なくされる。それが人間社会。遠い過去に問題や許されない言動をしたこと自体が責められているのではないように思える。即ちその言動をする人格が問題視されている。

そういえばバブル崩壊後、どうも何事も誰でも上辺で評価される時代が続いていた。しかし、このコロナ禍での生活の大きな曲がり角と共に、やっと文化度が高く人間自体を見据える落ち着いた社会が急速に戻ってきたのだろうと私は思う。上辺に踊らない人間でいたい。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年9月

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30