地上波TVの今果たすべき役割

カテゴリー:

私の周りでも未だにワクチン接種は怖いので受けるか受けないか迷っている人々が居る。3回目のブースター接種をやたら地上波TVで取り上げる前に、接種に何らかの障害や悪影響が出ない人々が少しでも早く接種を決断し、実践することを勧めるべきではないだろうか?

現状でも幾人かの有名人が接種を促し広告や告知に登場している。これはこれで世の中の空気に大なり小なり影響を与えている。でも問題は堂々とSNS等裏付けが十分でなくても嘘や噂をさも本当のように広げているこの悪に地上波TVはもっと頻繁に強く対抗して欲しい。

最近SNS等新しい情報ツールに完全に押されているように、SNSやインターネット上の話題を地上波が取り上げて面白おかしく番組放送を平気でやっている。しかしこのSNSやインターネットには明らかな嘘が多く紛れ込んでいる。地上波はこれらの嘘をはっきり晒すべきでは?

これらの新しい通信ツールにはその真偽を迅速にチェックし嘘や扇動には即座に規制を掛ける機能が欠落している。これに惑わされ今全世界で目指すべきワクチン2回接種が滞っている一つの原因なら、地上波TVに頑張って欲しい。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31