本当にすべきこと

カテゴリー:

選挙が近づくと票集め言葉が横行する。現金給付も各党様々、必要な人に最低限の給付から兎に角3か月間20万円一律に給付というインチキ臭い宣言まで。

消費税もしかり、消費税は触らないから消費税撤廃まで言いたいことを言う。これらは大衆に向けて票集めの甘いお誘い言葉、言い換えれば大衆を集めるはちみつ言葉。

しかし本当に今我が国の多くの人々は困窮しているのか?確かに様々な事情で困窮状態に堕ちている人が居ないわけではない。しかし現金給付の使い道で最も多い意見が「貯蓄」。

本当に政治家たちは国民の生活や経済状態をデータ頼りではなくリアルに把握できているのか?今必要なのは多くの人が買いたくなる商品を作り販売すること。そして値引きではなく人々の満足を適切な値段で流通させることではないのか?

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年11月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30