接種自由の甘言と接種の意義

カテゴリー:

ワクハラ=ワクチンハラスメントの略語らしい。かつてはワクチンを打て打てと職場や家庭で周りから強制することを言うらしい。ところが最近はワクチンを打たない打ってないから解雇とか異動とかを指すことが多いらしい。

商業施設等不特定多数の人々と日々接する仕事は感染の確率が高い。そこで、ワクチン接種できない人やしていない人を、スタッフ自信を守るのは当然ながら、お客様を守るためにも異動などが行われるのは当たり前では?

今回の新型コロナ感染対策としてのワクチン接種はありがたくもかなり早い対応。しかしこのワクチン接種は副反応が必要以上に騒がれ、接種は自由という錦の御旗に打たない若い人も多い。予防接種などが自由になった意味は?

かつての強制予防接種で国が莫大な賠償を払うことになり、これに懲りた国は海外がそうだからと接種は自己選択としている。自己選択が悪いとは言わないが、ワクチンは広がってこそ効果ありで、SNS等で吹聴される嘘や噂など上辺なお話に踊らされて若い人が接種を嫌う。もっとこの接種の意義を解って欲しい。

| コメント(0)

コメントする

株式会社レスコフォーメイション

プロフィール

レスコフォーメイション社長 権野 博

1955年生まれ。大手商業施設企画設計施工会社を経て、1986年商業・事業開発および運営の企画・コンサルティング事務所「RESCO」開設。 1989年有限会社レスコフォーメイションを設立し、1991年代表取締役に就任。2009年株式会社レスコフォーメイションと商号変更し、引き続き代表取締役社長を務める。

カレンダー

2021年11月

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30